平井丈一朗(チェロ) 演奏活動60周年記念演奏会

わが音楽人生ここにあり

平井丈一朗

平井丈一朗

 巨匠パブロ・カザルスの高弟であり、その精神を今に伝えながら演奏の第一線で疾走を続けてきた、チェリストの平井丈一朗が演奏活動60周年を迎え、記念の演奏会を開く。1957年から5年間、カザルスの薫陶を受けて国際的に活躍し、巨匠からは「私の後継者」と明言された平井。今回のステージでは、自作の幻想曲「和」を、長男・秀明が指揮する特別編成オーケストラの共演を得て、管弦楽伴奏版で世界初演。「カザルス先生はかつて『君は国際人だが、祖国も大切にしなさい』と語ったが、これは、その言葉を具現化した作品。『和』には『日本的』との意味に加えて、平和の『和』も念頭に置いた」と平井は言う。さらに、ピアニストの次男・元喜が加わり、平井がチェロとピアノ、管弦楽のために書いた詩曲「カタロニアの思い出」を披露。また、冒頭にはバッハの無伴奏組曲第3番とドヴォルザークの協奏曲を置き、締め括りには師の愛奏曲「鳥の歌」も。まさに彼と師の音楽人生そのものを、投影したステージとなる。
文:笹田和人
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年7月号から)

7/23(木)19:00 紀尾井ホール
問:インターミューズ・トーキョウ03-3475-6870
http://intermuse.lolipop.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]