ミュージカル『ファントム』

“再生のストーリー”をテーマにした最新作

城田 優/山下リオ

城田 優/山下リオ

 『オペラ座の怪人』といえばアンドリュー・ロイド=ウェバー版が有名。だが、ミュージカル『NINE(ナイン)』の黄金コンビ、脚本家アーサー・コピット&作曲家モーリー・イェストンが生んだ『ファントム』は、同じ原作を基にしたもう一つの傑作として知られている。怪人ファントムの人間像に迫り苦悩や葛藤を描いた、切なく美しい楽曲に心を揺さぶられる話題作が、城田優の主演で上演される。他にもオーディションでクリスティーヌ役を射止めた山下リオなど華と実力を兼ね備えたキャストが集結。ブロードウェイなどで活躍するダニエル・カトナーの新演出のもと、今回の日本公演では新曲が世界初披露される。さらに23名のオーケストラが生演奏を奏でるというから、本格ミュージカルの醍醐味が存分に味わえるはず。卓越した演技力と歌唱力で日本のミュージカル界のトップを走る城田の俳優人生の一つの到達点にもなりそうな作品だけに、ぜひ注目したい。
文:宇田夏苗
(ぶらあぼ + Danza inside 2014年9月号から)

9/13(土)〜9/29(月) 赤坂ACTシアター 
問:キョードー東京0570-550-799 
http://www.kyodotokyo.com/phantom
10/5(日)〜10/15(水) 梅田芸術劇場 
問:梅田芸術劇場 06-6377-3800 
http://www.umegei.com/musical-phantom