第427回 日経ミューズサロン 中西俊博(ヴァイオリン)&サワン・ジョシ(シタール)

国境を越えた“弦の競演”

 ジャンルを超えて良質の音楽を発信する『日経ミューズサロン』に中西俊博とサワン・ジョシが登場。中西については今さら多言は要すまい。ボーダーレスかつ斬新な活動で、音楽シーンに話題を提供し続ける才人。その演奏、楽曲を耳にしたことのない音楽ファンはいない、といっても過言ではないはずだ。一方のジョシは現在注目度急上昇中のシタール奏者。伝統的な北インド古典音楽を修めつつロック・バンドを結成するといった自在なスタンスは、まさに中西が貫いてきた音楽観と見事にシンクロする。そんな2人だから、当然プログラムも興味深い。シタールをポピュラー音楽ではじめて使用したとされるビートルズ「ノルウェーの森」や超有名ジャズ・ナンバー「テイク・ファイブ」、さらには世界初演となるジョシ作「ヒマラヤン・ウインド」が“弦の競演”でどう響くのか。夏の終わり、リラクゼーションと刺激が交錯する不思議な音世界に身を浸してみては?
文:藤本史昭
(ぶらあぼ + Danza inside 2014年7月号から)

左:中西俊博 右:サワン・ジョシ

左:中西俊博 右:サワン・ジョシ

8/29(金) 18:30 日経ホール
問:日経ミューズサロン事務局 03-3943-7066 
http://www.nikkei-hall.com