第3回ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール in 八王子 第1位入賞記念 ホー・シーハオ(チェロ)

上海から現れた新しき才能

(C)BANAZO

(C)BANAZO

 偉大な巨匠の名を冠した「ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール」は、1969年からイタリア・フィレンツェで10回にわたって開催、ミッシャ・マイスキーら世界に羽ばたく逸材を輩出したが、諸事情で中断の憂き目に。しかし、崇高な巨匠の遺志を受け継ぎ、2006年に東京・八王子で“復活”を果たし、昨年11月に第3回大会が開催された。その栄えある覇者となったのが、中国・上海出身の俊英ホー・シーハオ。9歳でチェロを始め、その翌年には上海音楽院付属ミドルスクールに入学し、アントニオ・ヤニグロ・チェロコンクールなど数々の登竜門を制し、現在はアメリカで研鑽を積んでいる。カサド・コンクール第1位入賞記念のリサイタルは、ピアノの鳥羽亜矢子がパートナー。フランクのソナタ(ヴァイオリン作品からの編曲)、一柳慧「コズミック・ハーモニー」、ストラヴィンスキー「イタリア組曲」に、ファリャ「スペイン民謡組曲」からの4曲とカサドの小品「愛の言葉」を添えて、巨匠へのオマージュとする。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2014年6月号から)

★7月4日(金)・京都/青山音楽記念館バロックザール 
 問:Otonowa 075-252-8255 
 6日(日)・八王子市芸術文化会館いちょうホール 
 問:042-621-3005
 8日(火)・よみうり大手町ホール 
 問:コンサートイマジン03-3235-3777
 9日(水)・名古屋/宗次ホール 
 問:052-265-1718

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アムステルダム・運河の街のエラール | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第6回
      on 2019/12/11 at 05:55

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第6回 アムステルダム・運河の街 [&#8230 […]