ピンカス・ズーカーマン(ヴァイオリン)Pinchas Zukerman, violin

(C)Cheryl Mazak

ピンカス・ズーカーマンは、40年の長きにわたり世界の音楽界で不動の地位を築いている。その驚くべきテクニック、そしてゆるぎない芸術的水準は聴衆、そして批評家から驚嘆の声をもって迎えられている。また献身的ともいえる教育活動は高い評価を得ており、そのカリスマと情熱で数々の若手演奏家に霊感を与え続けてきた。その活動の成果はロンドン、ニューヨーク、中国、イスラエル、そしてオタワでの革新的な教育プログラムに結実している。ズーカーマンの名はヴァイオリニスト、ヴィオリスト、指揮者、教育者、そして室内楽奏者として等しく尊敬を集めている。

2015-16シーズンは北米、南米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなど世界各地で100以上の公演が予定されている。首席客演指揮者として7シーズン目を迎えるロンドンのロイヤル・フィルハーモニー管とは、イギリス国内での演奏会に加え、アメリカ・ツアーも行う。このほかボストン、シカゴ、サンフランシスコ各交響楽団やマリンスキー歌劇場管、サン・カルロ歌劇場管、ザルツブルク・カメラータ等への客演や、オルフェウス室内管とのツアーが予定されている。2016年よりアデレード交響楽団の終身アーティスト・イン・アソシエーションに就任した。

続きを読む

近年は指揮者としての活動も本格的に行い、数々の世界トップクラスのアンサンブル、オーケストラを指揮、幅広いレパートリーを演奏している。また献身的、革新的な教育者としてマンハッタン音楽学校でピンカス・ズーカーマン・パフォーマンス・プログラムを立ち上げ、芸術界で初めて通信教育技術を取り入れた。過去17シーズンの間ナショナル・アーツ・センター・オーケストラ(NAC)の音楽監督を務めたカナダでは、オーケストラ演奏を学ぶためのNACインスティテュートと若手演奏家、指揮者、作曲家のための夏季音楽院を設立した。

1948年テルアビブ生まれ。ジュリアード音楽院でイヴァン・ガラミアンに師事。これまでに芸術メダル、アイザック・スターン賞を受賞、また器楽奏者としては初めてロレックス・メンター・アンド・プロテジェ・アーツ・イニシアティブのメンターも務めた。これまでに100以上の録音をリリース、21回グラミー賞にノミネートされ、2度グラミー賞を受賞している。今シーズンはナショナル・アーツ・センター・オーケストラとチェロのアマンダ・フォーサイスとのブラームスの交響曲第4番と二重奏曲、そしてロイヤル・フィルハーモニー管とのエルガーとV.ウィリアムスの作品集のリリースが予定されている。

コンサート情報

おすすめ記事

ぶらあぼONLINE アーティスト名鑑は、所属事務所またはご本人の了承を得て掲載しています。無断転載は固くお断りいたします。商用利用につきましては所属事務所等へご相談ください。
コンサート情報は、ぶらあぼONLINE編集部へ寄せられた情報に基づいて掲載しています。

クラシック音楽家アーティスト名鑑