Tag Archive for 白石光隆

アプリコ ウィークデー・コンサート Vol.10 田中靖人(サクソフォン) & 白石光隆(ピアノ)

クリスマスにふさわしい温かな華やぎ  いい音楽を聴いてから美味しいランチに舌鼓を打ったり、午後のひとときを優雅に過ごしたり…。平日の昼間を「有効かつアクティブに活用」してもらいたい、そんな願いから生まれたのが、大田区民ホール・アプリコの注目企画『アプリコ ウィークデー・コンサート』だ。12月には、サクソフォンの田中靖人…

Music Program TOKYO 3歳からの楽しいクラシック & タ・タ・パ・トゥ・エラ vol.2

音楽ってこんなに楽しい!  世界的な芸術文化都市・東京において、音楽文化の活性化をめざし、「創造性」と「参加性」を柱とする多彩な事業を、年間を通じ一体的に展開する『Music Program TOKYO』。その一環として開催される「ミュージック・ワークショップ・フェスタ」と「まちなかコンサート」は、幼い子供たちとその両…

白石光隆 ピアノリサイタル Vol.28

ベートーヴェンの濃密な音世界  どんな人の心にも届くパフォーマンスが可能なピアニスト、白石光隆。ピアノ作品の大曲のみならず、小粋な小品から、知られざる名曲、そしてジャズまでを自在に弾き熟す白石が、今年9月のリサイタルではベートーヴェンの最後の3つのソナタ、第30番〜第32番に真っ向から対峙する。10年振りの特別プログラ…

ピアノ・デュオ・プロジェクト Vol.3

名手たちが紡ぐ華麗なる響き  『ピアノ・デュオ・プロジェクト』とは、東京芸術大学ピアノ科で教鞭を執る教員たちによるピアノ音楽の祭典。第3回となる今回も、6組12人の名手が、2台のカワイの銘器SK-EXを使い、時に丁々発止のやりとり、そして時に親密な音の対話を繰り広げる。まずは、東浦亜希子と冨士素子が、シャブリエの「3つ…

東京オペラシティB→C 169 高見信行(トランペット)

ドイツ直伝のニュアンスを聴く  高見信行は、豊かな国際経験を持つトランペット奏者だ。1979年岡山に生まれ、2006年日本音楽コンクールの優勝者でもある彼は、03年東京芸大を卒業後ドイツで研鑽を積みながら、リリング&バッハ・コレギウム・シュトゥットガルトの奏者(07〜12年)、ライプツィヒ歌劇場管の首席奏者などを務め、…

白石光隆 ピアノリサイタル 第27回

自在なピアニズムを大いに満喫  温かでカラフルな音色と、知的でスマートな解釈、そして圧倒的な技術で聴衆を魅了し続ける白石光隆。室内楽や教育的プログラムも含め数多くのステージをこなし、確実に毎年、新しい音楽ファンの創出に貢献している。そんな白石は毎年東京でソロリサイタルを開催しており、今年で27回を数える。9月11日に津…

白石光隆(ピアノ) 春をよぶおしゃべりコンサート

音楽で春を感じる  ピアニストの白石光隆が、春本番を待つ3月初旬の東京でコンサートを行う。その名も「春をよぶおしゃべりコンサート」。好評の白石自身によるトークを交えながらの演奏会。ブラームス「間奏曲Op.117-2」やシューマン=リスト「献呈」、メンデルスゾーン「春の歌」や「ロンドカプリチオーソ」には、彼ならではの温か…