Tag Archive for ワルキューレ

ウィーン国立歌劇場

ドイツの王道プログラムを携えて4年ぶりの来日  ドイツのオペラ史に燦然と輝く3人の作曲家、モーツァルト、ワーグナー、そしてR.シュトラウス。ウィーン国立歌劇場が4年ぶりにその代表作を携えて日本公演を行うとなれば、その威信を賭けて指揮者・歌手ともに最高のメンバーを揃えてくるのは、例年と同様である。ここでは主に指揮者と出演…

総裁の立場を忘れてのめり込んでしまう、 それがウィーン国立歌劇場の《ニーベルングの指環》です

〜ウィーン国立歌劇場日本公演記者会見より(2) 現代最高のワーグナー指揮者、ワーグナー歌手、 そして何より素晴らしいオーケストラの響きによる《ワルキューレ》 「私は総裁として6年目を迎えます。ウィーン国立歌劇場では毎年必ず《ニーベルングの指環》のチクルス上演が行われますが、私はいつも、総裁という立場を忘れて、のめり込ん…

ヤノフスキが会見〜ウィーン国立歌劇場日本公演2016

オペラをもう一度振りたいという気持ちが高まったのです  今秋、4年ぶりの来日公演を行うウィーン国立歌劇場の記者会見が行われた。ドミニク・マイヤー総裁と《ナクソス島のアリアドネ》の指揮を執るマレク・ヤノフスキが出席した。マエストロ、ヤノフスキは、4月の「東京・春・音楽祭」の《ジークフリート》公演のための来日中ということで…

キャサリン・ フォスター(ソプラノ)

 英国出身のソプラノ歌手キャサリン・フォスターが、この4月、東京・春・音楽祭で上演されるワーグナーの《ワルキューレ》(演奏会形式)にブリュンヒルデ役で登場する。2013年、ワーグナー生誕200年の記念の年に新演出の《ニーベルングの指環》で同役を歌い、バイロイト音楽祭にデビュー。今や世界的に活躍するドラマティック・ソプラ…

東京・春・音楽祭 ―東京のオペラの森2015―

 桜の花びらが飛び交う雅びの季節に、東京文化会館をはじめ上野の文化施設で横断的に催される東京・春・音楽祭。2014年で10年目を迎え、春の風物詩としてもすっかり定着した。博物館に来てコンサートを聴き、音楽を聴きに来て絵画に触れる。相乗効果で感興を深めた方も多いだろう。  2015年の音楽祭も魅力的な企画が満載だ。軸とな…

METライブビューイング シェイクスピア生誕450周年記念スペシャルトークショー

NYメトロポリタン歌劇場のオペラを映画館で楽しむ「METライブビューイング」では、シェイクスピア生誕450周年を記念して、シェイクスピア原作のオペラを含む全26作品を東劇にて上映中だ。 9月15日(月・祝)15:00の回のヴェルディ《ファルスタッフ》の上映前には、音楽評論家の加藤浩子と、シェイクスピア研究で著名な東京大…

【ご招待】METライブビューイングアンコール2014

 ニューヨークのメトロポリタン・オペラの名演をスクリーンで楽しむ『METライブビューイング』。2013/14シーズンの全作と過去7シーズンからの人気作16タイトルを選りすぐった計26演目がこの8月から一挙上映される。演目は次の通り。 《オテロ》《仮面舞踏会》《アイーダ》《ファルスタッフ》《ラインの黄金》《ワルキューレ》…

一柳 慧(作曲家/神奈川芸術文化財団・芸術総監督)

「地元のみなさんがこのフェスティバルに思い入れをもってくださっている」  9月から11月にかけて、神奈川県民ホール、KAAT神奈川芸術劇場、神奈川県立音楽堂を会場に開催される『神奈川国際芸術フェスティバル』。「音楽—その先へ」というテーマのもと、今年の注目すべき公演について芸術総監督の一柳慧が語ってくれた。 今年で20…

横山恵子●ソプラノ

ブリュンヒルデは強いだけの女性でなくかわいい人だと感じています  神奈川県民ホール、びわ湖ホール、東京二期会などによる共同制作オペラ・シリーズ。この9月に第7弾となる《ワルキューレ》が上演される。今回は、神奈川フィルハーモニー管弦楽団と日本センチュリー交響楽団による合同オーケストラを編成。指揮は、びわ湖ホール芸術監督で…

第20回 神奈川国際芸術フェスティバル

オペラ、バレエから雅楽まで。港町を彩る刺激的な芸術祭が今年も! 副都心線と東急東横線、みなとみらい線の相互乗り入れにより、東京、埼玉からのアクセスが格段に良くなった神奈川。神奈川県民ホール、KAAT神奈川芸術劇場、神奈川県立音楽堂という県立の3つの文化施設で行われる「神奈川国際芸術フェスティバル」の魅力的な内容を紹介し…