Tag Archive for フランクフルト放送交響楽団

フェスティバルホールで聴く4つの欧州名門オーケストラ

世界をリードする楽団が次々と大阪にやってくる!  今年、大阪のフェスティバルホールには、ヨーロッパの名門オーケストラが集う。オーストリアのウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(11/16)、ドイツのミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(11/29)とフランクフルト放送交響楽団(6/13)、そして、イギリスのロンドン交響楽…

アンドレス・オロスコ=エストラーダ(指揮)

フランクフルト放送響は最高の技術と情熱を持っています  アンドレス・オロスコ=エストラーダが、音楽監督を務めるフランクフルト放送交響楽団を率い、6月に日本ツアーを行う。彼は、2021/22シーズンからのウィーン交響楽団音楽監督就任も発表されており、欧州でその評価が急上昇中の話題のマエストロだ。  今回のツアーにはドヴォ…

アンドレス・オロスコ=エストラーダ(指揮) フランクフルト放送交響楽団

新時代を築く名門楽団と俊英たちの饗宴  フランクフルト放送交響楽団は1929年創立の歴史と伝統を誇るオーケストラ。豊かにうたう弦楽器とダイナミックな管楽器の響きが特徴である。2014年、同オーケストラはコロンビア出身のアンドレス・オロスコ=エストラーダを首席指揮者に迎え、新時代の幕を開けることになった。オロスコ=エスト…

フランクフルト放送交響楽団日本ツアー会見

 フランクフルト放送交響楽団(hr放送響)来日ツアーの会見が11月13日に都内で行われた。音楽監督のアンドレス・オロスコ=エストラーダとピアニストのアリス=紗良・オットが出席し、11月11日から始まっている日本ツアーについて語った。 (Photo:M.Otsuka/TokyoMDE)  アンドレス・オロスコ=エストラー…

アリス=紗良・オット(ピアノ)

 2008年のデビュー以来、常に新しさへの挑戦を厭わず、同時に自らの立脚点を見失うこともなく、その音楽的な軸を着実に磨き上げているアリス=紗良・オット。14年にはフランチェスコ・トリスターノとのデュオアルバム『スキャンダル』で話題の的となり、今年のソロ・リサイタルでは彼女の音楽的原点とも言えるJ.S.バッハやベートーヴ…

芸劇フェスティバル 東京芸術劇場開館25周年記念コンサート ジョワ・ド・ヴィーヴル ── 生きる喜び

アニバーサリーにふさわしい大胆で斬新なプログラム  1990年10月30日、若杉弘指揮・東京都交響楽団による「第九」で開場した東京芸術劇場。25周年を迎えた今年、すでに6月以降の主催公演を「芸劇フェスティバル」と銘打って祝賀モードに突入しているが、秋以降も、ベルリン・ドイツ交響楽団(10/30)、ロイヤル・コンセルトヘ…