Tag Archive for ジョルジオ・バルベリオ・コルセッティ

マリインスキー・オペラ日本公演レポートvol.8〜記者会見

 10月8日のロームシアター京都を皮切りに5年ぶりの日本公演を行っているマリインスキー・オペラが11日、都内で来日記者会見を行った。 (2016.10.12 Photo:M.Terashi/TokyoMDE)  登壇者は、尾崎哲(野村ホールディングス代表執行役グループCOO)、 大内栄和(ジャパン・アーツ株式会社 代表…

マリインスキー・オペラ日本公演レポートvol.7〜《ドン・カルロ》舞台写真

 10月10日に東京文化会館で開幕した、マリインスキー・オペラ日本公演《ドン・カルロ》の舞台を写真でご紹介。 (2016.10.10 東京文化会館 Photo:M.Terashi/TokyoMDE) ヴェルディ作曲《ドン・カルロ》 指揮:ワレリー・ゲルギエフ 管弦楽:マリインスキー歌劇場管弦楽団 演出:ジョルジオ・バル…

マリインスキー・オペラ日本公演レポートvol.6〜《ドン・カルロ》よりエボリ公女「酷い運命」

 10月10日に東京文化会館で開幕した、マリインスキー・オペラ日本公演《ドン・カルロ》より、第3幕、エボリ公女(ユリア・マトーチュキナ)のアリア「酷い運命」 を動画でご紹介。 (2016.10.10 東京文化会館 Photo&Movie:M.Terashi/TokyoMDE) ヴェルディ作曲《ドン・カルロ》 …

マリインスキー・オペラ日本公演レポートvol.5〜《ドン・カルロ》よりフィリッポ2世「ひとり寂しく眠ろう」

 10月10日に東京文化会館で開幕した、マリインスキー・オペラ日本公演《ドン・カルロ》より、第3幕、フィリッポ2世の「ひとり寂しく眠ろう」を動画でご紹介。  「オペラ界の至宝」フルラネットがフィリッポ役を初めて歌ったのは1980年。以来、「世界中で演じ、最も共感させられる役柄」。  「ヴェルディが書いた全てのバスの役で…

ヨンフン・リー 特別インタビュー

自身のキャリアと《ドン・カルロ》を語る  ヨンフン・リー、テノール。1973年に韓国で生まれた彼が、メトロポリタン歌劇場にデビューしたのは、2010年の11月29日、ヴェルディ《ドン・カルロ》の題名役で、だった。こういうスピント系の大役をアジア人テノールがMETで歌うのは、1990年代の市原多朗以来、初めての事であった…