柴田智子(ソプラノ) & 新井薫(ハープ)

心温まるクロスオーバーの世界を


 クラシックに軸足を置きつつ、ミュージカルやジャズ、ポップスまで、スタイリッシュな都会的センスで、音楽のジャンルの壁を軽やかに飛び越えるディーヴァ柴田智子。この12月、最新アルバム『For your tears and smiles』でも共演しているハープ奏者・新井薫とのデュオ・コンサートを開く。柴田は今回の公演について「1部は“自然界”をテーマに構成しました。ほとんどが今まで歌っていない新しいレパートリーとなっています。2部はクリスマスにもぴったりのチャペルで、神聖かつ温かい音楽を楽しんでください」とアピール。
 プログラムは、原題がこの公演のサブ・タイトルにも用いられているバーバーのシンプルで美しい歌曲「Sure on this shining night(この輝ける夜に)」に始まり、フォーレ「月の光」やラフマニノフ「ヴォカリーズ」、マスカーニ「アヴェ・マリア」など、おなじみのクラシック名曲に加えて、聖歌やクリスマス・ソング、ビートルズ・ナンバーまで、バラエティ豊かな全20曲が予定されている。ハープの新井による新作「The Star of Shakespeare」(ハープ・ソロ)初演や、ゲスト出演のフルートの貴公子・上野星矢による吉松隆「デジタルバード組曲」も聴きのがせないところ。出演は他にピアノの内門卓也、児童合唱団「東京ネバーランド」。少しだけ早めの聖夜、モダンな建築のチャペルに響くきらびやかな“うた”の数々に酔いしれよう。
文:宮本 明
(ぶらあぼ2013年12月号から)

★12月22日(日)・キリスト品川教会グローリアチャペル Lコード:33064
問 サンライズプロモーション東京0570-00-3337
http://sunrisetokyo.com

【CD】『For your tears and smiles』
T.S.PROJECT INTERNATIONAL
JOP-0001 ¥18002

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アムステルダム・運河の街のエラール | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第6回
      on 2019/12/11 at 05:55

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第6回 アムステルダム・運河の街 [&#8230 […]