未来の音シリーズ vol.29 大関万結(ヴァイオリン)

前途洋々、10代のヴィルトゥオーゾによる渾身のステージ

C)ノザワヒロミチ(CAPSULEOFFICE)

 次代を担う若きヴァイオリニストの、“いま”を感じてみたい。注目の新進演奏家を紹介するシリーズ「未来の音」に、2017年に開かれた日本音楽コンクールを制した、大関万結が登場。10代最後となるステージで、本人も「チャレンジだらけ」と表現する、意欲的で多彩なプログラムに挑む。

 横浜市出身。3歳でヴァイオリンを始め、全日本学生音楽コンクール中学校の部の全国大会で第1位、17年にはヤッシャ・ハイフェッツ国際ヴァイオリン・コンクールで最年少のファイナリストに。現在は桐朋学園大ソリストディプロマコースに籍を置き、併せてウィーン私立音楽芸術大学でも研鑽を積んでいる。

 ステージは、大関が「いつも信頼している」というピアノの入江一雄が共演。モーツァルトのホ短調 K.304、ブラームス、そしてラヴェルの第2番という3つの名ソナタにショーソン「詩曲」と、深い精神性を湛えた作品を。さらに、多彩な技巧が散りばめられた難曲として知られる、エルンスト「『夏の名残のばら』による変奏曲」を無伴奏で披露する。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年12月号より)

2020.1/11(土)15:00 めぐろパーシモンホール(小)
問:めぐろパーシモンホールチケットセンター03-5701-2904
https://www.persimmon.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]