バソンの世界

連休中に愉しむ、稀少なバソン・ワールド

小山 清

 「バソン」という楽器をご存じだろうか? いわゆる「フランス式ファゴット」で、標準型のファゴットよりも古雅で温かく表情豊かな、独特の音色をもっている。管楽器ファンはレ・ヴァン・フランセの奏者、ジルベール・オダンの使用楽器として認識があるだろうし、『のだめカンタービレ』でも紹介された。
 だが「バソンのための」音楽を楽しむコンサートとなれば実に稀少。それが同楽器の第一人者・小山清によって開催される。小山は、パリ音楽院で学び、バソンのソリストとして欧米各地で活躍してきた世界的名手。「バソンの世界」と銘打った今回、前半の「バソンと弦楽オーケストラ」では通常のバソンで協奏曲、後半の「日本の雅」では、東日本大震災の折に津波で倒された樹齢260年の松で作ったボネ(先端部分)を用いたバソンを使い、室内楽曲が披露される予定。フランスの名フルート奏者ピエール・モンティをはじめ共演陣も多彩。大澤徹訓の協奏曲の世界初演や、吉松隆のフルート、バソンとピアノのための作品など、演目もきわめて興味深い。10連休の最中、耳新たな音楽体験はいかが?
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2019年5月号より)

2019.5/1(水・祝)14:00 紀尾井ホール
問:プロアルテムジケ03-3943-6677
https://www.proarte.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]