【CD】ショパン:ピアノ協奏曲第1番・第2番 /リシャール=アムラン&モントリオール響

 2015年ショパンコンクール第2位、モントリオール生まれのリシャール=アムランが、モントリオール交響楽団、同楽団音楽監督のケント・ナガノと行ったショパン録音。コンクールでも演奏した協奏曲第2番は繰り返し弾いているレパートリーだけに、各場面のコントラストが大胆で息遣いも自然。切々と語りかける1楽章、遅めのテンポでゆったり歌う2楽章、生き生きとしたマズルカの表現がスパイスとなる3楽章へと続く。第1番は、感情を解き放つ場面もどこか落ち着きがあって心地よく、オーケストラがその自由な抑揚に寄り添う。持ち味の優しく包容力あるピアノの音を存分に聴くことができる。
文:高坂はる香
(ぶらあぼ2019年5月号より)

【Information】
CD『ショパン:ピアノ協奏曲第1番・第2番 /リシャール=アムラン&モントリオール響』

ショパン:ピアノ協奏曲第1番・第2番

シャルル・リシャール=アムラン(ピアノ)
ケント・ナガノ(指揮)
モントリオール交響楽団

収録:2018年10月、モントリオール(ライヴ)
ANALEKTA/東京エムプラス
PAN29146 ¥2857+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]