【CD】牧神の午後への前奏曲〜フルート・アンサンブルの愉しみ〜/工藤重典

 工藤重典が定期的に開催するフルート・アンサンブル。彼のソロを聴けるのはもちろん、彼を慕う奏者たちがその芸術を継承していく場でもあり、寄せ集めではない練られたアンサンブルが聴ける。表題曲はフルート合奏になると妖艶さよりも快い美しさを味わえて新鮮。もとよりフルートの響きと相性が良い古典作品は、この楽器ならではの典雅な美を楽しめる。共にランパルの薫陶を受けた工藤とアドリアンによるドップラーのデュオ作品は、二人の世界的名手の手腕と歌心が聴きもので、曲を知り尽くした合奏メンバーの共感も深い。「剣の舞」は毒気が抜けてなんとも微笑ましい。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年5月号より)

【Information】
CD『牧神の午後への前奏曲〜フルート・アンサンブルの愉しみ〜/工藤重典』

ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲/ハイドン:ロンドン・トリオ第4番/モーツァルト:アンダンテ ト長調(K.448より)/ボワモルティエ:5本のフルートのための協奏曲 op.15-1/ドップラー:アンダンテとロンド/ハチャトゥリアン:剣の舞 他

工藤重典(フルート/指揮)
アンドラシュ・アドリアン(フルート) 他

収録:2018年6月、Hakuju Hall(ライヴ) 他
マイスター・ミュージック
MM-4053 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]