【SACD】ラフマニノフ:交響曲第2番/ノット&東響

 10年以上にわたる音楽監督任期延長が発表されたとき、ノットはキャリアの一番脂の乗った時期を東響と共に築こうとしているのだな、と思った。東響も熱意に応え、ノットが得意とする現代ものやドイツもので心に残る多くの成果を挙げた。いま、彼らはそこから踏み出して、広大なレパートリーを渉猟しようとしている。このラフマニノフをその狼煙と聴いた。たっぷりとしたサウンドが滔々とした流れを生む第1楽章や、むせ返るロマンを感じさせる第3楽章。第2楽章はパンチが効いていて、フィナーレは明るく輝かしい。どこにも力みがなく、細部まで整えられている。黄金時代到来を感じさせる快演だ。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2019年5月号より)

【Information】
SACD『ラフマニノフ:交響曲第2番/ノット&東響』

ラフマニノフ:交響曲第2番

ジョナサン・ノット(指揮)
東京交響楽団

収録:2018年11月、サントリーホール(ライヴ)
オクタヴィア・レコード
OVCL-00691 ¥3200+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]