サラ・チャン ヴァイオリン・リサイタル

2つの「四季」で示す、貫禄の音楽性

C)Cliff Watt

 8歳でニューヨーク・デビュー、そして史上最年少となる10歳でのCDリリース…。かつて“天才少女”として旋風を巻き起こしたサラ・チャンも、30代半ばを迎えた今、現代アメリカを代表する“ヴァイオリンの女王”に。ヴィヴァルディとピアソラ、2つの「四季」に挑む来日公演。完璧な技巧に深い精神性を纏わせた、充実の快演を聴かせてくれる。
 10代からリサイタル活動の一方、世界各国の第一線楽団や巨匠指揮者と共演を重ねてきた。その“相棒”は1717年製の銘器グァルネリ・デル・ジェス。チャンは「楽器には、機嫌の良い日も悪い日も…演奏家は経験と学習を通じ、その心を読み取り、自身が求める響きを伝えてゆく。力強く、美しい楽器が私の代弁者なのは、とても幸運です」と話す。
 「バランスが良く、楽しいプログラム」と自負する、今回の来日公演。森田昌弘(ヴァイオリン)らN響の名手による弦楽五重奏との共演で、ヴィヴァルディ「四季」と、タンゴの巨匠ピアソラの「ブエノスアイレスの四季」を披露する。
「ヴィヴァルディは定番。ピアソラの作品は、ヴィヴァルディの曲想もねじり合わされ、とてもセクシー。恋に落ちました(笑)。どちらも大好きな曲です」
 これらに先立ち、「バロックの作品ながら、優雅でロマンティック」と評するヴィターリ「シャコンヌ」を添える。「指揮者なしの今回はリスキーですが、共演者たちと一緒に正しい方向へ向かえば、素晴らしい結果に繋がるでしょう。お客様にも、それぞれに様式が異なる多彩な作品を、きっと楽しんでいただけるはず」と語る。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年10月号より)

2018.10/25(木)19:00 紀尾井ホール 
2018.10/28(日)14:00 京都コンサートホール
問:テンポプリモ03-3524-1221 
http://www.tempoprimo.co.jp/

他公演
2018.10/23(火)東京文化会館(都民劇場03-3572-4311)

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]