第44回 日本フィル 夏休みコンサート 2018

今年もゴジラやバレエ、日本のうたなどエンタメてんこ盛り!

 1975年に開始され、今年で44回目を迎える、日本フィルの夏休みコンサート。「初めてクラシック音楽を聴く子どもたちに、家族と一緒に本物のオーケストラを」というコンセプトによる長寿企画で、いまや三世代での来場客もいるとのこと。今年は計17公演で、指揮は来年4月にセントラル愛知響常任指揮者に就任する角田鋼亮。本公演の常連、江原陽子が今回も歌と司会を務める。
 各公演3部構成。有名な楽曲を楽しめる第1部は、バッハやモーツァルトの名作や、映画『ゴジラ』タイトルテーマなどを。第2部はチャイコフスキー『くるみ割り人形』ハイライト版。バレエとオーケストラとのコラボレーションは本公演の名物で、生の舞台で最高の名曲とダンサーの名技を体感できる貴重な芸術体験となる(出演:スターダンサーズ・バレエ団、振付・演出:鈴木稔)。そして第3部は、「さんぽ」などの定番曲や日本のうたメドレーを、会場全体が一体となって歌うお楽しみのコーナー。客席で心を合わせた歌の響きは、家族にとってもすてきな思い出になるだろう。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2018年7月号より)

2018.7/21(土)〜8/5(日) 東京・神奈川・埼玉・千葉・京都
問:日本フィル・サービスセンター03-5378-5911 
http://www.japanphil.or.jp/
※各公演の詳細については上記ウェブサイトでご確認ください。

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]