辰巳美納子(チェンバロ)

ドイツ・バロック鍵盤音楽の潮流を辿る一夜

Photo:Masashige Ogata

Photo:Masashige Ogata

 気鋭のチェンバリストが、ドイツ・バロックの真髄へと迫る。辰巳美納子は本場オランダに学び、ソリストや主要アンサンブルの通奏低音奏者として活躍する名手。今回のリサイタルでは、2台の楽器を弾き分けて、音楽芸術そのものの根幹のひとつを成す、音律の宇宙を自在に往き来し、その神秘も詳らかにする。
 武蔵野音大から東京芸大・同大学院に学び、第5回国際古楽コンクール〈山梨〉最高位などを受賞。アムステルダム・スヴェーリンク音楽院でも研鑽を積み、グスタフ・レオンハルトら巨匠の薫陶を受けた。帰国後はリサイタル活動の一方、バッハ・コレギウム・ジャパンなどでも活躍。バッハの録音2枚も発表し、高い評価を得ている。
 ステージの核は、生誕400年を迎えたフローベルガー。ブクステフーデから、ゲオルク・ベーム、そしてバッハへと至るドイツ鍵盤音楽の潮流を辿る。一般的なフレミッシュ・チェンバロに加えて、フローベルガーの「トッカータ」や「カプリッチョ」では、ミーントーン(中全音律)で複数の調性の使用を可能にする、珍しい分割鍵盤を備えたイタリアン・チェンバロを弾く。
 さらに、17世紀イタリアの自由なフーガ風の鍵盤楽曲を意味する「カプリッチョ」も、“隠れたテーマ”に。フローベルガーやベームだけでなく、締め括りに弾くバッハの「パルティータ第2番」の終曲も、実は「カプリッチョ」だ。フローベルガーが師フレスコバルディから受け継いだイタリア音楽の要素が、どうドイツ・バロックに採り込まれていったのか。聴衆は自身の耳で、確かめられる仕掛けだ。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ 2016年12月号から)

12/22(木)19:00 東京オペラシティ リサイタルホール
問:アレグロミュージック03-5216-7131
http://www.allegromusic.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]