アンサンブル・レゾナンツ with イエルーン・ベルワルツ(トランペット)

体験したことのない響きの世界へ

 ドイツ、いや全ヨーロッパから先鋭的な芸術家が集まるハンブルクにあって、“最も独創的な演奏集団”と評されるのが、「アンサンブル・レゾナンツ」。そのグループ名の通り、過去と現在の作品を互いに共鳴(レゾナンツ)させ、時にコンサートホールも飛び出し、独創的な音楽空間を形創る。初来日のステージでは、やはり時代やジャンルを超越するトランペットの鬼才イエルーン・ベルワルツと共演。体験したことのない響きの世界へ、聴衆を誘う。
 「アンサンブル・レゾナンツ」は、1994年に創設。時代を融合させた革新的なプログラミングと瑞々しい演奏で、伝統と現代の音楽との溝を埋めるべく、精力的に活動を続けている。自主団体として“アーティスト・イン・レジデンス”を迎える運営形態を取り、これまでにチェロのジャン=ギアン・ケラスらが務めた。今回、共演を果たすベルワルツは、NDRエルプ・フィル(北ドイツ放送響から今年7月に改称)首席奏者も務めた実力者で、バロックから現代、ジャズまでを吹きこなす。
 今回のステージは、ドミトリー・シトコヴェツキーによる弦楽合奏への編曲版を基に、構成し直したバッハ「ゴルトベルク変奏曲」に、ベルワルツをフィーチャーしての細川俊夫のトランペット協奏曲「旅Ⅶ」を披露。さらに、俊英・瀬尾和紀をソロに迎えてのエマヌエル・バッハのフルート協奏曲(東京公演)や、リコーダーの山岡重治とオーボエの三宮正満、2人の古楽界の名手に、ベルワルツも加わってのバッハ「ブランデンブルク協奏曲第2番」(愛知公演)が組み合わされる。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ 2016年12月号から)

12/15(木)19:00 東京文化会館(小)
問:オカムラ&カンパニー03-6804-7490
12/16(金)19:00 愛知県芸術劇場 コンサートホール
問:愛知県芸術劇場052-971-5609
http://okamura-co.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]