神奈川県民ホール オルガン クリスマス コンサート 聖母マリアとノエル

オルガンと歌による彩り豊かな音の花束

 ヨーロッパでは、クリスマスになると、人々が教会へ集まり、オルガニストによるノエル(クリスマス・キャロル)に基づく即興演奏を楽しむのが伝統。そんなノエルには、私たち日本人にも馴染みの旋律がたくさんある。この集いのイメージを引き継ぎ、神奈川県民ホールが誇るドイツ・クライス社製のパイプオルガンの音色を、美しい歌声と共に楽しむコンサート『聖母マリアとノエル』がクリスマス・イブの午後に開かれる。
 ドイツ国立ハンブルク音大などに学んだオルガニストの高橋博子、普段はオペラを中心に名唱を聴かせている、ソプラノの鵜木絵里とテノールの布施雅也が出演。フランク「天使の糧」など、1900年前後にパリで活躍した作曲家による、聖母マリアへの讃歌とノエルの編曲作品を軸に、ヘンデルのオラトリオ「メサイア」やフンパーディンクのオペラ《ヘンゼルとグレーテル》からのアリア、グレゴリオ聖歌の「アヴェ・マリア」、クリスマス・キャロルのメドレーなどを配し、彩り豊かな音の花束を届ける。
文:笹田和人
(ぶらあぼ 2016年11月号から)

12/24(土)15:00 神奈川県民ホール(小)
問:チケットかながわ0570-015-415
http://www.kanagawa-kenminhall.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 美少年と貴婦人、その甘く苦い関係 | 萌えオペラ 第4回 リヒャルト・シュトラウス《ばらの騎士》
      on 2019/09/20 at 23:30

      text:室田尚子 illustration:桃雪琴梨 前回ご紹介したズボン役の代表であるモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ。彼が誕生してから100年以上を経て、オペラ史に名を残すもうひとりのズボン役が登場します。その名はロフラーノ伯爵オクタヴィアン。18世紀マリア・テレジア治世下のウィーンを舞台にしたリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》のタイトルロールです。年齢は17歳。若くして爵位 [&#8230 […]