『マハゴニー市の興亡』

ジャズ・テイストの“音楽劇”として蘇るブレヒト&ヴァイルの問題作

 ドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトと作曲家クルト・ヴァイルのコンビといえば、1928年に初演された音楽劇《三文オペラ》で名高い。日本でもたびたび上演されてきた《三文オペラ》に比べ、1930年に初演されたオペラ《マハゴニー市の興亡》は上演の機会にほとんど恵まれてこなかったが、このたび、芸術監督・白井晃の演出によって、KAAT神奈川芸術劇場に登場することとなった。
 白井はストレートプレイのみならず、オペラ、ミュージカル、音楽劇なども多く演出してきており、音楽を活かす舞台作りには定評あるところ。オペラの分野では《オテロ》《愛の白夜》《魔笛》《こうもり》《フィガロの結婚》などに取り組んできている。2007年には『三文オペラ』を手がけ、時代を映す演出を施して成功をおさめた。今回の舞台では音楽監督にジャズ・ピアニストのスガダイローを起用、ジャズのムードのもと、作品がいかなる時代精神を帯びるのか、気になるところ。舞台上には「マハゴニー市民席」なる客席を設けるということで、観客をも巻き込んだ演出プランが楽しみだ。
 高い演技力と歌唱力で、白井作品でも活躍を見せる山本耕史をはじめ、マルシア、中尾ミエ、上條恒彦、古谷一行と、個性豊かなキャストが集合。ブレヒト×ヴァイルのまなざしが、白井演出を通して現代を鋭く貫く舞台となることを期待したい。
文:藤本真由
(ぶらあぼ 2016年9月号から)

9/6(火)〜9/22(木・祝) KAAT神奈川芸術劇場 ホール
問:チケットかながわ0570-015-415
http://www.kaat.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]