カール=アンドレアス・コリー(ピアノ)

「ブランデンブルグ協奏曲」をピアノ1台で表現!

Photo:Junichi Ohno

Photo:Junichi Ohno

 J.S.バッハ演奏のスペシャリストとして、多くの名盤を発表してきたカール=アンドレアス・コリー。7月発売の最新盤は、その中でも特筆に値する1枚になることだろう。なんと、今回彼は「ブランデンブルグ協奏曲」をピアノ1台で全曲録音しているのだ。
「ここ数年、J.S.バッハへの敬愛から、誰もやっていないことに挑戦したいと思うようになり、大好きな『ブランデンブルグ〜』に狙いを定めたんです。編成や構成上、第1〜4番は目処が立ったのですが、第5&6番は一筋縄ではいかず、構想から録音に至るまで、約1年もの月日を要しました」
 中でも、コリーが苦労したのが第6番だったという。
「ヴィオラのカノンが多用された第6番は、同じような音色が交差しながら進んでいきます。最初はそれを4手で多重録音しようと思ったのですが、その時偶然にも、とあるベルギーの楽譜収集家からすすめられた編曲と出合ったのです。この版は実に優れた解決策を示してましたので、そのまま採用しました」
 第1〜5番は、チェコ出身のピアニストで作曲家、アウグスト・ストラダルの編曲をベースに、コリー自ら再編曲した楽譜で演奏している。
「ストラダルは、ブルックナーとリストの弟子にあたる人。彼は他にも、J.S.バッハの管弦楽組曲やオルガン曲、ヘンデルの協奏曲、リストの管弦楽曲、ブルックナーの交響曲など、膨大な数のピアノ編曲を残しています。ただ、『ブランデンブルグ〜』に関しては、原曲の再現に重きが置かれ過ぎていて、ストラダル自身はかなり遅めに弾いていたようです。でも、私はカール・リヒターのような中庸のテンポで弾きたかったので、ストラダル版をベースにしつつ、必要な声部の取捨選択を適宜行いながら録音しました」
 各曲の聴きどころを尋ねると、
「第1番で際立たせたのは、第1楽章のホルン・ソロや、第2楽章の美しいアダージョ。第2番は声部が少ないですが、原曲では複数の楽器に均等にソロが与えられているので、その対比に苦労しましたね。第3番は弦楽器中心の豊麗で変則的な編成を、ピアノ1台でいかにコンパクトにまとめるかが課題。第4番はリコーダーの牧歌的な響きを、第5番は第1楽章のチェンバロの長大なカデンツァを、それぞれピアノでどう描いたかにご注目ください」
 技巧的にも、音楽的にも、実に緻密で洗練された至高のJ.S.バッハが記録された当盤。いつの日か、日本でのライヴという形でも味わえることを祈りたい。
取材・文:渡辺謙太郎
(ぶらあぼ 2016年8月号から)

CD
『J.S.バッハ:ブランデンブルグ協奏曲(ピアノ編曲版)』
マイスター・ミュージック
MM-3083-84(2枚組)
¥3900+税
7/25(月)発売

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]