ぶらあぼ2016年2月号

【今月の表紙】
マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)

4/9(土)19:00 ミューザ川崎シンフォニーホール
4/16(土)、4/21(木)各日19:00 サントリーホール

世界最高峰のピアニストの一人、ポリーニが4年ぶりに日本公演を行う。前回(2012年)披露した、ベートーヴェンと現代作品の組み合わせから一転、今回はピアノ音楽にそれぞれの時代で革新をもたらした、ショパン、シューマン、ドビュッシーをとりあげる。現代の聴衆にはある程度耳慣れた作品ばかりだが、そこはポリーニのこと、新たな発見がちりばめられた演奏を聴かせてくれるに違いない。
※P.31掲載の公演紹介記事もぜひお読みください。

Pre-Stage=Prestige interview
22 青山 貴(バリトン)
24 神尾真由子(ヴァイオリン)

BRAVO Tips
26 interview 佐藤しのぶ(ソプラノ)

Pick Up interview
30 渡辺睦樹(エレクトーン)
34 タラ・エロート(メゾソプラノ)
41 エルデーディ弦楽四重奏団
51 小林有沙(ピアノ)
58 小倉貴久子(フォルテピアノ)
62 タンブッコ(パーカッション・アンサンブル)

164 追悼 ピエール・ブーレーズ

102 コンサート・ギャラリー
151 2月の前売チケット 1月下旬〜2月末の発売情報
166 News & Topics
168 New Release Selection
174 国内盤&輸入盤新譜情報
179 TV&FM 2月のクラシック番組
181 Books クラシック新刊情報
182 海外公演情報
190 ぶらPAL 読者のページ
192 2月の注目公演
194 2月のコンサート情報

【Danza今月の表紙】
新国立劇場バレエ団『DANCE to the Future 2016』

3/12(土)、3/13(日)各日14:00 新国立劇場(中)

新国立劇場バレエ団のダンサーから振付家を育てる目的で、2012年より始まったシリーズ企画「Choreographic Group」。今回は同団プリンシパルの米沢唯ら、7人のダンサーによる振付作品を、同団ダンサーたちが踊る。また、アメリカの新進振付家ジェシカ・ラングが同団のために振り付け、14年に世界初演し絶賛された『暗やみから解き放たれて』が再演される。

Danza Pre-Stage=Prestige interview
238 アリーナ・コジョカル(ダンサー)

240 Catch Up
244 エッセイ 乗越たかお『誰も踊ってはならぬ』
246 2月の前売チケット 1月下旬~2月末の発売情報
247 2月の公演情報

●いますぐ読む→

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]