ロレンツォ・ギエルミ(オルガン/チェンバロ) with 平崎真弓(バロック・ヴァイオリン)

イタリアン・バロックからバッハへの旅

 イタリアを代表するオルガンとチェンバロの名手で、指揮者としても活躍するロレンツォ・ギエルミ。古楽アンサンブルの名門、コンチェルト・ケルンのコンサートマスターを務めるバロック・ヴァイオリンの平崎真弓をパートナーに、イタリアン・バロックからバッハの“傑作の森”への旅に聴衆を誘う。
 かつてはイル・ジャルディーノ・アルモニコのメンバーとして先鋭的な古楽サウンドで世間を驚かせたギエルミ。現在はミラノの聖シンプリチアーノ教会オルガニストを務める一方、自ら主宰するアンサンブル活動や後進の指導にも力を注ぐ。今回のステージでは、パスクイーニ「カッコウの歌によるトッカータ」やバッハ編曲によるマルチェッロ「協奏曲ニ短調」をポジティフ・オルガン、バッハ「イタリア協奏曲」をチェンバロの、それぞれソロで披露。さらに、平崎を伴っての、ヴィヴァルディ「ソナタニ短調(RV14)」やコレッリ「ラ・フォリア」、バッハ「ソナタト長調・ホ短調(BWV 1021,1023)」では、絶妙かつ華麗な通奏低音を聴かせる。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年12月号から)

2016.2/9(火)19:00 王子ホール
問:王子ホールチケットセンター03-3567-9990
http://www.ojihall.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]