『Lost Memory Theatre』

森山開次

森山開次

 ダンサー・振付家として独自の世界を確立している森山開次。鬼気迫るソロで観客を魅了する一方、演劇やミュージカルなどでも幅広く活躍。近年は、能楽師・津村禮次郎をはじめとする日本の古典芸能畑の才能とのコラボレーション、インドネシアやベトナムでの文化交流大使としての活動なども、精力的にこなしている。常に新たな出会いや発見を求めているかに見える彼が、またしても刺激的な公演に参加。演出家・白井晃が音楽家・三宅純のアルバムを舞台化する『Lost Memory Theatre』 だ。「廃墟となった劇場に残る記憶」をテーマに、生演奏の音楽と演劇とダンスが展開するという。出演は山本耕史、美波、江波杏子、そして森山のほか、バレエダンサー4名。森山は振付も担当し、白井のイメージを具現化する。敢えて、言葉による明確な物語が存在せず、出演者の表現方法も同一ではない地点から出発し、イメージを共有・構築する試みは、実にチャレンジング。未知の表現に挑む彼らの成果に注目したい。
文:高橋彩子
(ぶらあぼ + Danza inside 2014年8月号から)

8/21(木)〜8/31(日)KAAT神奈川芸術劇場 
問:チケットかながわ0570-015-415 http://www.kaat.jp

9/6(土)15:00、9/7(日)14:00 兵庫県立芸術文化センター (中) 
問:芸術文化センターチケットオフィス0798-68-0255

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]