Tag Archive for 礒絵里子

【SACD】メンデルスゾーン&ブラームス:ピアノ三重奏曲第1番/椿三重奏団

 グループ名に冠された「椿」の白い花のイメージの通り、たおやかな調べ。しかし、時には、凄みや骨太さすらも織り込んで、多層的な響きの世界を形創る。十年来の共演歴のある女性奏者たちが、満を持して結成したトリオのデビュー盤。粒立ちと流れの良さを両立させる、高橋多佳子の絶妙なバランス感覚と、礒絵里子の艶やかさ、新倉瞳の豊潤さが…

椿三重奏団(ピアノ三重奏団)

“完璧な美しさ”目指す麗しきピアノ・トリオ、本格始動!  高橋多佳子(ピアノ)、礒絵里子(ヴァイオリン)、新倉瞳(チェロ)。美しく、華やかで、そして楽しい三人のピアノ・トリオ「椿三重奏団」が2月にデビューCDをリリースする。  初共演は12年前にさかのぼる。高橋と礒の出演するトリオのコンサートに、降板したチェリストの代…

礒 絵里子(ヴァイオリン)

『エスプレッシーヴォ』はこれまでの様々な経験や思いが籠もったアルバムです  礒絵里子がデビュー20周年を記念してアルバムをリリースし、11月にはリサイタルを開く。1997年に日本演奏連盟主催のリサイタルでデビューした頃は、まだ、ブリュッセル王立音楽院でイーゴリ・オイストラフに師事していた。それから「あっという間の20年…

川久保賜紀(ヴァイオリン)

名手たちが集結して繰り広げる“中身の濃い”3日間  今年で12回目の開催を迎える仙台クラシックフェスティバル(せんくら)。その第4回(2009年)から毎回参加し、今度が9度目の参加となる川久保賜紀は「せんくら」の魅力をこう語る。 「すばらしい演奏家が仙台にぎゅっと集まり、あちこちのホールで朝から夜までいろいろなコンサー…

珠玉のリサイタル&室内楽 Ensembleφ によるピアノトリオの世界

ソリスト、室内楽奏者として活躍、人気、実力ともに兼ね備えた3名、 宮谷理香、礒絵里子、水谷川優子が、さらに表現の世界を追求するべく結成されたユニット、Ensembleφ(ファイ)。ヤマハホールでデビューコンサートを果たした彼女たちが、3年の時を経て再登場!それぞれの豊かな個性が発揮され、かつ親和性の高いアンサンブルを、…

Ensembleφ(室内楽ユニット)

 室内楽の世界を深く追究する才色兼備な3人によって結成されたEnsembleφ。ピアノの宮谷理香、ヴァイオリンの礒絵里子、チェロの水谷川優子によるユニットだ。自然界や美術作品における完璧なる美のかたち「黄金比」を意味するユニット名にも彼女たちの志の高さが表れている。 「いかにも“女子3人組”なネーミングにはしたくなかっ…

飛驒市文化交流センター開館10周年記念事業 オペラ《天生》 世界初演

人間愛と自然愛を描くドラマ  飛驒市文化交流センターが10周年記念事業として新作オペラ《天生》を上演する。同センターがある飛驒市古川町では1970年代から国際音楽祭を開催。また、88年には飛騨古川音楽大賞を制定するなど、音楽への関わりも活発な町だ。  《天生》は同市西端の天生峠一帯を舞台に、主人公の男女が神々らに導かれ…