Tag Archive for 浄められた夜

【CD】浄められた夜/マティアス・ストリングス

 齋藤真知亜率いるマティアス・ストリングスの新盤は、バランスの取れたフレッシュな演奏を通じ、室内楽の歴史の綾をたどる。「浄められた夜」では、6人の織りなす弦が深い森を歩む男女の姿を立体的に描き出す。続いてブラームス「弦楽六重奏曲第1番」では、低音域を増強した分厚く入り組んだ書法が濃厚なロマンを捕まえていく。聴き進めるう…

齋藤真知亜(ヴァイオリン)

6人が本当に噛み合ったものを表現したかった  NHK交響楽団のべテラン・ヴァイオリン奏者・齋藤真知亜を中心とする「マティアス・ストリングス」の新譜は弦楽六重奏。シェーンベルクの「浄められた夜」とブラームス「弦楽六重奏曲第1番」のカップリングによる一枚だ。 「六重奏に作品が少ないというのは、やはり四重奏のほうがバランスが…

【SACD】ストラヴィンスキー:春の祭典、シェーンベルク:浄められた夜/ノット&東響

 ノット&東響の4作目のCD。20世紀初頭に新時代を拓いた“動と静”の名作を並べ、2つの道筋を対比させた意義深い1枚だ。「春の祭典」は、全体のマッシヴな音像と細部のクリアな動きを両立させた、鮮烈かつ豊潤な快演。しなやかに躍動するリズムが光り、第2部後半の迫真性も耳を奪う。「浄められた夜」は、ダブつきのない清冽なアンサン…