Tag Archive for マリア・エステル・グスマン

【CD】ポンセ:スペインのフォリアによる変奏曲とフーガ/マリア・エステル・グスマン

 ロドリーゴをして「セゴビアの後継者」と言わしめたマリア・エステル・グスマン、マイスター・ミュージックから約2年ぶり、2枚目のアルバムが登場。豪快さを前面に出すよりも繊細かつ立体的に音のグラデーションをレアリゼしていくかのような落ち着いた奏楽は、確かにロドリーゴの言を頷かせるものがある。その意味でどちらかと言えば「ギタ…

マリア・エステル・グスマン(ギター)

“ギター界の女王”が深い解釈で描くポンセの大作   彼女の「アランフェス協奏曲」の演奏を聴いた作曲者ロドリーゴが「セゴビアの後継者」と絶賛したマリア・エステル・グスマン。“ギター界の女王”と呼ばれるほどの実力の持ち主で、来日公演も多い。2018年にはスペイン音楽を集めたアルバム『アンダルーサ』をリリースしたが、この2月…

マリア・エステル・グスマン(ギター)

 時に情熱的に、時に静謐に。しなやかな音楽創りで世界中の聴衆を魅了、「ギター界の女王」と称されるスペインの名手、マリア・エステル・グスマンが、グラナドスやアルベニスを軸に、珠玉の傑作へ対峙した新アルバム『アンダルーサ』をリリースした。「美しい作品と純粋で美しい音を楽しんでほしい。聴き手が私の演奏を一味違うと感じて、感動…

【CD】アンダルーサ/マリア・エステル・グスマン

 多数のコンクールで優勝、2012年にはセゴビア賞のメダルを授与され、「ギター界の女王」と称えられるグスマン。セビーリャ生まれの彼女があえて母国の名品に取り組んだアルバムは、華美にならない重めの音色、地に足がついたコードの響き、隅々まで考え抜かれた解釈で構築されている。そこにカラッとした空気感や絶妙なリズム感も妙味とし…