Tag Archive for スヴェトリン・ルセフ

諏訪内晶子(ヴァイオリン)

ベートーヴェンから現代作品まで多様なプログラムが実現  諏訪内晶子が芸術監督をつとめ、2012年にスタートした「国際音楽祭NIPPON」。1990年のチャイコフスキー国際コンクール優勝以来、国内外で活発な演奏活動を続けてきた彼女が、音楽芸術の感動を届けること、未来に生きる人にむけて発信することをテーマに、経験から得たも…

第34回 ワンダフル one アワー スヴェトリン・ルセフ(ヴァイオリン) & 江口 玲(ピアノ) デュオ・リサイタル

近代フランス音楽のエッセンスを愉しむ贅沢なひととき  休憩なしの1時間、一流アーティストの快演がリーズナブルな料金で楽しめる、Hakuju Hallの人気シリーズ「ワンダフル one アワー」。ブルガリア出身の名ヴァイオリニスト、スヴェトリン・ルセフが、盟友のピアニスト、江口玲と共にシリーズ第34弾に登場し、選りすぐり…

川久保賜紀(ヴァイオリン)

名手たちが集結して繰り広げる“中身の濃い”3日間  今年で12回目の開催を迎える仙台クラシックフェスティバル(せんくら)。その第4回(2009年)から毎回参加し、今度が9度目の参加となる川久保賜紀は「せんくら」の魅力をこう語る。 「すばらしい演奏家が仙台にぎゅっと集まり、あちこちのホールで朝から夜までいろいろなコンサー…

第11回 オーケストラの日2017

“オーケストラの楽しさ”をもっと身近に  まず知っておいてほしいのが、3月31日が「オーケストラの日」だということ。「ミミにイチばん」の語呂合わせで、日本オーケストラ連盟が2006年に決定した。同連盟は日本のプロ・オーケストラが参加する公益法人で、現在の加盟数は全国34楽団。毎年3月31日には全国各地域でそれぞれに趣向…

仙台クラシックフェスティバル2016 せんくら

今年は注目の若手アーティストが多数出演!  昨年10周年を迎え、今年、次の10年に向けた新たな一歩を踏み出す、仙台クラシックフェスティバル(せんくら)。「新しいせんくら」として、多くの初登場アーティストやフレッシュな若手を迎えるほか、「せんくら」のみで実現する豪華共演など、注目公演が目白押しだ。  まずは初登場アーティ…

せんくら 仙台クラシックフェスティバル 2015

10年目を彩る多彩なプログラム  杜の都・仙台は催しものの多い街だが、秋に開催されるクラシックの音楽祭「仙台クラシックフェスティバル(せんくら)」もすっかり定着した。仙台市内の様々な会場で行なわれるコンサートはだいたいが1時間以内で、料金は1000〜2000円。2015年は10年目ということで、多彩なプログラムが組まれ…