Tag Archive for グザヴィエ・ドゥ・メストレ

ベン・グラスバーグ(指揮) 読売日本交響楽団

欧州を沸かす新鋭とハープの貴公子が放つめくるめく色彩美  読売日本交響楽団の東京芸術劇場でのマチネーシリーズに、2017年、ブザンソン国際指揮者コンクールに23歳で優勝した、イギリス出身の新鋭ベン・グラスバーグが登場する。彼は、ケンブリッジ大学卒業後、英国王立音楽院でシャーン・エドワーズに師事した。これまでに、ロンドン…

2019年4月発売のおすすめチケット情報

■4/6(土)発売 佐藤俊介とオランダ・バッハ協会管弦楽団 2019.9/30(月)19:00 浜離宮朝日ホール 佐藤俊介(ヴァイオリン/オランダ・バッハ協会 音楽監督) オランダ・バッハ協会管弦楽団 J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 BWV1052Rより第1楽章 ピゼンデル:ダンスの性格の模倣 ヴィヴァルデ…

尾高忠明(指揮) 読売日本交響楽団

ハープ版「アランフェス」など人気作を集めて  尾高忠明は90年代に読響の常任指揮者を務めた後も、名誉客演指揮者として継続的に登壇し続け、両者の関係は実に息の長いものとなってきた。東京のオーケストラ・シーンはいまや目まぐるしく変わっているが、地道に作られてきた信頼関係はそれだけに貴重である。  5月の名曲シリーズ3公演の…

世界を席巻するカイヤ・サーリアホの芸術

 「サントリー芸術財団サマーフェスティバル2016」での委嘱作初演のために来日中のカイヤ・サーリアホは、1952年フィンランド出身、国際的に活躍する数少ない女性作曲家の一人である。  サントリーホールで彼女の作品が紹介されたのは1990年が初で、以来93年、2003年のサマーフェスティバルでも上演され、斬新ながらも繊細…

サントリー芸術財団 サマーフェスティバル 2016

多彩な現代音楽シーンを伝える真夏の8日間  現代音楽の祭典サントリー・サマーフェスティバルといえば、いまや夏の終わりの風物詩。注目は何といっても2013年からスタートしたザ・プロデューサー・シリーズだろう。特定の企画立案者が、自らの審美眼や問題意識に基づいて選曲する。演奏の“いかに”だけでなく、チョイスの“なぜ”という…

グザヴィエ・ドゥ・メストレ(ハープ)

これは、美しい音楽の旅です  繊細にして豪快。闊達にして優雅。ハープという楽器そのものの既成概念すら覆し、ウィーン・フィルのソロ奏者も務めたグザヴィエ・ドゥ・メストレ。新春の日本で、自身が「これは、美しい音楽の旅です」と語る、ハープ音楽の真髄とも言うべき色彩豊かなプログラムを披露する。 「私はハープを道具として見ていま…

モイツァ・エルトマン(ソプラノ)

今度のリサイタルはカラフルな夕べになるでしょう。  清澄な美声と深い表現力に可憐な容姿を併せ持つソプラノ歌手、モイツァ・エルトマン。2012年のリサイタルをはじめ、日本でも素晴らしい歌声を聴かせている彼女だが、元々はヴァイオリニストを目指していたという。 「6歳からヴァイオリンを習い始めました。同じ頃ハンブルク国立歌劇…