【CD】バーンスタイン:交響曲第3番「カディッシュ」他/佐渡裕&トーンキュンストラー管

 佐渡裕は晩年のバーンスタインに教えを受け、エッセンスを直伝された指揮者。すでにトーンキュンストラー管とは生誕100年に向けてのトリビュート盤が出ているが、代表作というべき2作を収めた本ディスクは、アニバーサリー・イヤーを飾る本丸だ。佐渡が楽曲をよく消化しているし、オケも打てば響くように反応し、「カディッシュ」では引き締まったリズム、まとまりのよいサウンドで壮大なエンディングを導いていく。ドイツ語の語りもウィーンの聴衆の感興を深めたであろう。「セレナード」では庄司紗矢香のつややかかつ芯のある音、切れ味のよいテクニックが、佐渡のサポートを得て一層輝いている。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2019年2月号より)

【information】
CD『バーンスタイン:交響曲第3番「カディッシュ」他
/佐渡裕&トーンキュンストラー管』

バーンスタイン:交響曲第3番「カディッシュ」、「独奏ヴァイオリン、ハープ、打楽器と弦楽のためのセレナード」

佐渡裕(指揮) 庄司紗矢香(ヴァイオリン) キャロリン・サンプソン(ソプラノ)
トーンキュンストラー管弦楽団 ウィーン楽友協会合唱団 ウィーン少年合唱団 他

収録:2018年4月、ウィーン(ライヴ)
エイベックス・クラシックス
AVCL-25981 ¥2000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ステファン・ポップ(テノール) | いま聴いておきたい歌手たち 第10回 
      on 2019/12/10 at 01:25

      text:香原斗志(オペラ評論家) パヴァロッティに近いテクニック だれかと顔が似ていると思うと、声のトーンや話し方まで似ている、ということがよくあるが、この人の場合、体型がルチアーノ・パヴァロッティによく似ていて、歩き方も、手の動かし方も、首の振り方も近しい。さらには顔までが似た雰囲気で、想像がつくと思うが、歌い方もパヴァロッティを彷彿とさせるのである。 テノールの声が空気をつんざくように客席に [&#8230 […]