ぶらあぼ2016年11月号

【今月の表紙】
N響創立90周年記念
シャルル・デュトワ(指揮) NHK交響楽団
ビゼー:歌劇《カルメン》(演奏会形式)

第1851回 定期公演 Aプログラム
12/9(金)18:00、12/11(日)15:00 NHKホール

N響と長きにわたり確固たる信頼関係を築き、近年の12月定期公演では意欲的にオペラを演奏会形式でとりあげているデュトワ。この12月には名作《カルメン》を指揮する。演奏会形式の上演を「歌い手とオーケストラと聴衆の間に密な関係を作りやすいのが魅力」と語るデュトワがどのような《カルメン》を披露してくれるのか期待がふくらむ。ケイト・アルドリッチ(カルメン)、マルセロ・プエンテ(ドン・ホセ)、イルデブランド・ダルカンジェロ(エスカミーリョ)といった豪華な歌手陣も魅力だ。
※P.28掲載のインタビューもぜひお読みください。

Pre-Stage=Prestige interview
28 シャルル・デュトワ(指揮)
30 マリス・ヤンソンス(指揮)

BRAVO Tips
32 interview ヘルベルト・ブロムシュテット(指揮)
34 ザルツブルク・イースター音楽祭 in JAPAN
  イェフィム・ブロンフマン(ピアノ)
36 METライブビューイング2016-17

40 追悼 ネヴィル・マリナー

Pick Up interview
42 与那城 敬(バリトン)
44 ガエタノ・デスピノーサ(指揮)
47 ゲルハルト・オピッツ(ピアノ)
50 森 悠子(長岡京室内アンサンブル音楽監督/ヴァイオリン)
52 大谷康子(ヴァイオリン)
54 黒岩 悠(ピアノ)
56 岡本誠司(ヴァイオリン)
59 井上喜惟(指揮)
60 宮崎陽江
62 朴 葵姫(ギター)
64 豊嶋泰嗣(ヴァイオリン)
66 藤井一興(ピアノ)
68 須川展也(サクソフォン)
70 鶴澤 奏(ピアノ)
72 マティアス・ストリングス(弦楽アンサンブル)
74 森下 唯(ピアノ)
76 辻本知彦(振付家)
78 松田 弦(ギター)
80 小林沙羅(ソプラノ)
82 ステファン・シュトロイスニック(ピアノ)

122 コンサート・ギャラリー
173 11月の前売チケット 10月下旬〜11月末の発売情報
184 News & Topics
188 New Release Selection
198 国内盤&輸入盤新譜情報
203 エッセイ 城所孝吉『気分はカプリッチョ』
204 TV&FM 11月のクラシック番組
206 エッセイ 乗越たかお『誰も踊ってはならぬ』
207 Books クラシック音楽関連書籍 近刊情報
208 海外公演情報
215 ぶらPAL 読者のページ
218 11月の注目公演
220 11月のコンサート情報

●いますぐ読む→

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]