ぶらあぼ2016年6月号

【今月の表紙】
徳永二男
楽壇生活50周年記念演奏会 魂の協奏曲

徳永二男(ヴァイオリン)
広上淳一(指揮) NHK交響楽団
7/7(木)19:00 サントリーホール

日本のヴァイオリン界を牽引してきた徳永二男が、今年楽壇生活50周年を迎えた。様々な記念演奏会が行われるが、その目玉となるのが、7月にN響と共演するコンサートだ。メンデルスゾーンとチャイコフスキーというヴァイオリンの二大協奏曲で、古巣のオーケストラとともに記念イヤーを祝う。
※P.34掲載のインタビューもぜひお読みください。

Pre-Stage=Prestige interview
34 徳永二男(ヴァイオリン)
36 野平一郎(ピアノ/作曲)
38 黒田 博(バリトン)

BRAVO Tips
40 レナードスラットキン(指揮)

Pick Up interview
44 アレクサンダーロマノフスキー(ピアノ)
46 園田隆一郎(指揮)
56 小山由美(メゾソプラノ)
62 鈴木秀美(指揮/チェロ)
65 川田知子(ヴァイオリン)
68 ピエールアモイヤル(ヴァイオリン)
74 三浦一馬(バンドネオン)
77 濱田めぐみ(ミュージカル女優)

109 コンサートギャラリー
153 6月の前売チケット 5月下旬〜6月末の発売情報
170 News & Topics
174 New Release Selection
182 国内盤&輸入盤新譜情報
186 TV&FM 6月のクラシック番組
188 Books クラシック音楽関連書籍 近刊情報
189 BRAVO Bar Guide
190 海外公演情報
199 ぶらPAL 読者のページ
202 6月の注目公演
204 6月のコンサート情報

【Danza今月の表紙】
スヴェトラーナ・ザハーロワ & ワディム・レーピン

6/11(土)17:00 愛知県芸術劇場コンサートホール
6/15(水)19:00 ベイシア文化ホール
6/17(金)19:00 サントリーホール

夢の共演が東京、前橋、名古屋で実現する。バレエ界の女王、スヴェトラーナザハーロワが、プライベートでもパートナーである人気ヴァイオリニストのワディムレーピンと同じ舞台に立つ。東京と前橋は、レーピンが芸術監督をつとめるトランス=シベリア芸術祭の一環として、名古屋では昨年亡くなったマイヤプリセツカヤを不朽の名作『瀕死の白鳥』で追悼する公演。共演は、ボリショイバレエのミハイルロブーヒン、モスクワ音楽劇場バレエのドミトリーザグレビンほか。
※P.257掲載の紹介記事もぜひお読みください。

Danza Pre-Stage=Prestige interview
254 牧 阿佐美(牧阿佐美バレヱ団主宰/振付家)

256 Catch Up
260 エッセイ 乗越たかお『誰も踊ってはならぬ』
261 Danza News
262 6月の前売チケット 5月下旬〜6月末の発売情報
264 6月の公演情報

●いますぐ読む→

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]