Tag Archive for アントン・バラホフスキー

紀尾井ホール室内管弦楽団によるアンサンブルコンサート3 ブルックナー:交響曲第7番 室内楽版

 アントン・バラホフスキー(ヴァイオリン)らバイエルン放送響の名手たちが紀尾井ホール室内管弦楽団(KCO)のメンバーと組んで、マーラーの「さすらう若人の歌」とブルックナーの交響曲第7番の室内楽版を取り上げる。シェーンベルクとその弟子たちによる編曲版だ。シェーンベルクは1918年に発足させた「私的演奏協会」で、大規模な管…

紀尾井ホール 2018年度後半の主催コンサート

ブルックナー、マーラーや室内楽など多彩な演目が続々と登場  室内楽やリサイタルに最適な音響空間を誇る紀尾井ホール。今年度後半も意欲的な公演が続く。  まず注目したいのは11月8日の「竹澤恭子 ヴァイオリン・リサイタル」。デビュー30周年を迎えた実力者が、10年ぶりに紀尾井ホールに登場する。プログラムはベートーヴェンのヴ…

第105回 紀尾井シンフォニエッタ東京 定期演奏会

弦楽オーケストラの三者三様を味わい尽くす  紀尾井ホールのレジデント・オーケストラとして、意欲的な活動を展開する紀尾井シンフォニエッタ東京。毎回、室内オーケストラならではの工夫が感じられるプログラムが興味をひく。第105回定期では、ブリッジの「弦楽のための組曲」、ペルトの「タブラ・ラサ」、ドヴォルザークの「弦楽セレナー…

紀尾井シンフォニエッタ東京 2015/16シーズン定期演奏会

今年も期待高まる意欲的なラインナップ  紀尾井シンフォニエッタ東京の2015/16シーズンのラインナップが発表された。紀尾井ホールのレジデント・オーケストラとして例年意欲的な公演に取り組む同楽団だが、新シーズンも充実したプログラムが並ぶ。  まず新シーズンの幕開けとなる第101回定期演奏会では、ハンガリー出身のガーボル…