斎藤雅広 (ピアノ)

最高にゴージャスなひと時を

 この秋から冬にかけ、ランチタイムのワンコイン・リサイタル(アクトシティ浜松)から、豪華客船にっぽん丸クルーズのニューイヤー・コンサートまで、斎藤雅広のスケジュールはかなりバラエティに富んでいる。
杉並公会堂の《3大ピアノ★プロジェクト PIANO三重弾!》(10/6)では、若手の関本昌平&山本貴志との共演に期待が高まる。「毎回ジャズなどを取り入れてきましたが、今年は実力派のお二人とがっちりクラシックで固めました。ワーグナー、ヴェルディなど、記念イヤーの作曲家作品を3台ピアノでお届けします。3人同時に演奏するアレンジなので、シャンデリアを揺らさんばかりの大音響でゴージャスなステージになると思います」
3台ピアノの聴き比べコンサートは、つくばノバホールでも開催される(12/1)。進行役には神津善行も登場する。「友人の三舩優子さん、佐山雅弘さんと一緒に『ラプソディー・イン・ブルー』などを演奏予定です」
落語家の桂福丸と共演する《寄席クラシックス》(12/19・Hakuju Hall)では初の試みを展開する。往年の名画『愛情物語』の中のショパン・アレンジで一世を風靡したカーメン・キャバレロの世界を、生演奏で再現してみせるという。「華麗なるポピュラー・ピアニストのキャバレロは、相当なヴィルトゥオーゾであり即興の名手。彼の派手な分散和音やオクターヴ奏法の嵐は、人々のピアノへの憧れを誘いました。あのロマンティックで煌びやかな世界をまるごと再現します。僕はピアニストの演奏模写が大得意。ディナーショーなどでよく披露するのですが、ホロヴィッツ、グールド、ルービンシュタイン…彼らそっくりに弾き、彼らが弾かなかった曲も彼らのスタイルで演奏します。するとお客さまは大喜び(笑)。今回も古くからのキャバレロ・ファンから、彼を知らない若い人たちまで楽しんでいただけると思います。僕の持論に『コンサートはデート』というのがあります。演奏会を2人のデートに使ってほしい。一緒に音楽を聴き、神妙な気持になったり甘い雰囲気になったり、素敵なひと時を僕の演奏会で過ごしてほしいですね」
9月25日には待望の新譜もリリースされる。チェロの新倉瞳、クラリネットの赤坂達三と結成した「トリオ・ドゥ・ラヴァンチュール」(アラン・ドロン主演映画『冒険者たち』の3人組にちなみ斎藤が命名)の『神曲・秘曲 ダンディ・鳥の詩』だ。フランス近代の作曲家ダンディの秘曲、ジョビンのボサノヴァ、ビリー・ジョエルの「素顔のままで」やデスモンドの「テイク・ファイヴ」、そしてアニメやゲームの主題歌といった多ジャンルからの名曲を、統一感のあるトリオにアレンジした力作だ。
「ひと言でいうなら、“オタクづくり”なアルバムです。実はクラシック音楽、アニメ、そしてゲームの3つのジャンルに重なったコアなファン層は大勢います。僕自身もゲームやアニメが大好きです。ゲームの『鳥の歌』やアニメの『約束はいらない』といった大人気の主題歌は、もともとクラシック音楽的なテイストが強いので、思いっきりフランス風のトリオにアレンジしました。ダンディのクラリネット・トリオは、あちこちにショーソン、フランク、サン=サーンスの作品にそっくりなフレーズが聞こえます。クラシック通にはたまらない発見があるでしょう」
斎藤のパワフルな「冒険」は終わることなく続く。

取材・文:飯田有抄
(ぶらあぼ2013年10月号から)

3大ピアノ★プロジェクト PIANO三重弾!
★10月6日(日)・杉並公会堂
問:杉並公会堂03-5347-4450

ノバホール開館30周年記念 三大ピアノ聴き比べコンサート
★12月1日(日)・つくばノバホール
問:つくば文化振興財団029-856-7007

寄席クラシックス 桂福丸&斎藤雅広“ロマンティックが止まらない/華麗なる「キャバレロ・ピアノ!」あのサウンドを再現”
★12月19日(木)・Hakuju Hall
問:高嶋音楽事務所03-6450-3307
ローチケLコード35509
にっぽん丸/ニューイヤー・グアム・サイパン・クルーズ11日間 斎藤雅広と仲間たち ★12月27日(金)(神戸発)・28日(土)(東京発)〜2014年1月6日(月)
問:商船三井客船クルーズデスク0120-791-211

wc7732【CD】
『神曲・秘曲 ダンディ・鳥の詩』
トリオ・ドゥ・ラヴァンチュール
ナミ・レコード
WWCC-7732 ¥2625
9月25日(水)発売

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 11/13 新居由佳梨(ピアノ) 公演にむけたメッセージ
      on 2019/10/18 at 15:40

      ピアニストの新居由佳梨が、11月13日に東京オペラシティ リサイタルホールでソロとデュオ(共演はチェロの西谷牧人)のリサイタルを開催する。フランクとバッハを核とした内容となっており、今回の公演にあたり、メッセージをいただきました。 【動画メッセージ】新居由佳梨 ピアノリサイタル ぶらあぼ本誌11月号&WEBぶらあぼでもインタビュー記事を公開中。 新居由佳梨(ピアノ) profile 新居由 [&#8230 […]