Tag Archive for 野坂操壽

【CD】きざし〜美しきままに 二十五絃箏〜 /山本亜美

 通常の箏の倍近い絃を持つ二十五絃箏は野坂操壽によって開発され、彼女がさまざまな作曲家とコラボすることで可能性が開かれた。今、この道を力強く進めている実力者が山本亜美だ。自身の委嘱作5曲を収めた本ディスクは、その現在を鮮やかに伝える。井上鑑「Sound After〜」では英語のテキストを箏に乗せて歌い弾く。高橋久美子「…

野坂操壽(箏)

二十五絃箏の魅力を存分に味わう一夜  伊福部昭、増本伎共子(きくこ)、井上鑑、近藤譲、湯浅譲二、山本純ノ介。興味をそそる作曲家たちの名前が並ぶのは、昨秋、文化功労者に選ばれた箏曲家・野坂操壽(旧名・惠子)のリサイタル。伊福部の二十五絃箏のための「胡哦」(1997)で幕を開ける。四半世紀前の1991年、野坂が完成した新し…

沢井一恵(箏)

沢井×日本の前衛たち きっかけは近藤譲  現代箏曲界の第一人者・沢井一恵のリサイタルがすごい。  柴田南雄、高橋悠治、近藤譲、西村朗、杉山洋一と、世代をまたいで日本作曲界のそうそうたる顔ぶれの作品が並ぶ。しかもそのうちの4作が新作初演というのだから目が離せない。  さらには沢井と並ぶ箏曲界の双璧・野坂操壽(旧名・野坂惠…