Tag Archive for 矢内原美邦

全国共同制作オペラ(白河・金沢・東京) ヴェルディ:歌劇《ラ・トラヴィアータ》全幕(新演出・日本語字幕付・原語上演)

新たな視点で描く“ヴィオレッタという生き方”  全国の公共ホール・芸術団体が連携して新演出のオペラを共同制作する「全国共同制作オペラ」シリーズの最新作、《ラ・トラヴィアータ》が、2020年2月に福島・白河文化交流館コミネス、石川・金沢歌劇座、東京芸術劇場で上演される。井上道義が総監督・指揮、振付家・ダンサーの森山開次が…

2019年8月発売のおすすめチケット情報

■8/2(金)発売 古楽最前線!躍動するバロック2019 脈打つ人の心—中後期バロック Vol.3 いずみホール・オペラ2019 《ピグマリオン》 2019.12/14(土)14:00 いずみホール 寺神戸 亮(指揮・ヴァイオリン/プロデューサー) 岩田達宗(演出) 小㞍健太(振付) レ・ボレアード ピグマリオン:クレ…

オーケストラ・アンサンブル金沢が2019-20定期公演ラインナップ発表

 オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)が、2019-20定期公演ラインナップ(19年4月〜20年7月)を発表した。マルク・ミンコフスキ芸術監督の2シーズン目は、フィルハーモニー(8公演)、マイスター(5公演)の両シリーズにそれぞれ意欲的なプログラムが組まれ、多彩な指揮者およびソリストが登場する。会場は石川県立音楽堂…

KAAT×Nibroll『イマジネーション・レコード』

“イマジネーション”が失われた時間をつなぎとめる  結成20周年となるNibroll(ニブロール)はつねにその時代の、ひりつくようなリアルを鋭く描きだしてきた。演出・振付の矢内原美邦は高速・高密度のダンス、高橋啓祐はダンサーの身体性を拡張するような映像、音楽のSKANK/スカンクは有機的なノイズも駆使する。いずれも長年…

フェスティバル/トーキョー14

巨匠から新鋭まで登場する多彩なラインアップ  2009年から池袋エリアを中心に開催されてきた演劇×ダンス×美術×音楽の〈フェスティヴァル/トーキョー14〉が今年も11月1日から30日の1ヶ月にわたって開催される。7回目の今回は、“境界線上で、あそぶ”をキャッチフレーズとし、主催プログラム14演目・4企画、連携プログラム…