東京フィル 第九 2020への期待

 いきなりで申し訳ないけれど、まずはクイズをひとつ。次の9人の指揮者たちは、いったいどういう順に列挙されているのでしょうか?

 佐渡裕 — 大植英次 — 尾高忠明 — ダン・エッティンガー — アンドレア・バッティストーニ — アヌ・タリ—ユー・ロン — クリスティアン・バスケス — チョン・ミョンフン。

 すぐにわかった方は相当な東京フィル通だ。いや、誰でもすぐにピンと来るかもしれない。この9人は震災の年2011年以降、東京フィル「第九」を振ってきた歴代のマエストロたちなのだ。顔ぶれを見ただけで、その年、その年の東京フィル「第九」の思い出がよみがえり、感慨に浸られる方もおられることだろう。彼らはまさにこの10年の東京フィルの歩みの象徴でもある。そこで、第2問。最後のチョン・ミュンフンの次にくる10人目のお名前は?

 そう、正解は「尾高忠明」。今年は東京フィル桂冠指揮者の7年ぶりの第九への登場となる。筆者は先月(2020年1月21日)、サントリーホールで大阪フィルを指揮する尾高を聴いたばかりだが、相変わらずのアンサンブルの緻密さと、繊細さと大胆さの両極に非常に広いレンジを見せながら、どんなに大音量でオーケストラを鳴らしても決して気品を失わないこのマエストロの持って生まれた気質にあらためて感嘆した。今年12月の東京フィル「第九」にもこうした特質は存分に発揮されるに違いない。それにしても、毎年個性豊かなマエストロによる、色とりどりの第九を聴かせてくれる東京フィル。ありがたいことだ。心からの感謝を捧げたい!
文:萩谷由喜子

 左:尾高忠明 右:昨年の「第九」公演より


2020.12/18(金)19:00 東京オペラシティ コンサートホール
12/19(土)開演時間未定 サントリーホール
12/20(日)開演時間未定 Bunkamura オーチャードホール

指揮:尾高忠明

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付」ほか