珠玉のリサイタル&室内楽 徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサート Vol.4

 昨夜、ヤマハホールの満員の聴衆を沸かした、日本クラシック界を長年牽引し続ける、徳永二男、堤剛、練木繁夫による究極のピアノトリオ。第4弾は、シューベルトが最晩年に書いた傑作、ピアノ三重奏曲第1番を中心に、ベートーヴェン、ドヴォルザークの豪華プログラムを。
 ベテランならではの息のあったアンサンブル、極上の音色を、響き豊かなヤマハホールで。

■珠玉のリサイタル&室内楽 徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサート Vol.4

2018年02月02日(金)19:00 ヤマハホール

●出演:
徳永二男(バイオリン)
堤 剛(チェロ)
練木繁夫(ピアノ)

●曲目:
L.v.ベートーヴェン/ピアノ三重奏曲 第4番 変ロ長調「街の歌」Op.11
A.ドヴォルザーク/ピアノ三重奏曲 第4番 ホ短調「ドゥムキー」Op.90, B.166
F.シューベルト/ピアノ三重奏曲 第1番 変ロ長調 Op.99, D898

●料金:
全席指定5,000円

●発売日:2017年1月28日(土)

●チケット申込み方:チケットぴあ
・TEL 0570-02-9999
・Pコード:322-557
※発売初日は11:00より座席選択可能