2020特別企画


トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン & 日本青少年交響楽団
2020ジョイントコンサート

トヨタ自動車が継続するメセナ活動、「ウィーン・プレミアム・コンサート」と、「トヨタ青少年オーケストラキャンプ」のコラボレーションによって実現するこのプログラムは、2020年、東京オリンピック・パラリンピックイヤーの特別企画です。
「ウィーン・プレミアム・コンサート」の芸術監督をつとめ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターでもあるフォルクハルト・シュトイデは、「日本の若者にウィーンの音楽を伝えたい」と意欲を語り、「トヨタ青少年オーケストラキャンプ」に参加する青少年メンバーは「自分の限界を超えた演奏をしたい」と練習に励む。
会場でどのような音が響くのか、ここでしか実現できないスペシャルなプログラムをお贈りいたします。


2020.4/12(日)14:00 杉並公会堂 大ホール

管弦楽:
トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン
日本青少年交響楽団

指揮: 松井慶太

料金:1,000円(全席指定)

曲目
J.シュトラウスⅡ世:喜歌劇「こうもり」序曲 
 ※トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン単独演奏
ベートーヴェン:交響曲 第5番 ハ短調「運命」 Op.67(指揮/松井慶太) 
 ※合同演奏
(休憩無しの1時間公演を予定しております)