Tag Archive for 東京バレエ団

東京バレエ団が新体制で臨む、ブルメイステル版『白鳥の湖』まもなく開幕

 シルヴィ・ギエムとのツアーを終えた東京バレエ団が2月、斎藤友佳理芸術監督就任後、新体制で臨むビックプロジェクト第1弾として、ウラジーミル・ブルメイステル版『白鳥の湖』を初演する。1月15日にリハーサルを公開、斎藤と主演する3組のダンサーらが今の心境を語った。 (取材・文:編集部 Photo:J.Otsuka/Toky…

第3回 めぐろバレエ祭り

東京バレエ団がおくる豪華な夏休みイベント  2013年からめぐろパーシモンホールで開催されている「めぐろバレエ祭り」は、東京・目黒区を拠点とする東京バレエ団が中心となって行われ、夏の風物詩として定着してきた。3回目となる今回は一層パワーアップし、大人から子供までがバレエの幅広い魅力を味わえる。  メインは東京バレエ団の…

東京バレエ団『ラ・バヤデール』

 創立50周年シリーズを華々しく繰り広げた東京バレエ団が余勢をかって挑むのがナタリア・マカロワ振付・演出『ラ・バヤデール』全3幕。往年の名花マカロワがロシア・バレエの名作を練り上げ決定版の誉れ高いバージョンだ。古代インドを舞台に寺院の巫女ニキヤ、戦士ソロル、王女ガムザッティらによる愛憎劇が展開される本作は、起伏に富んだ…

神奈川県民ホールオープンシアター2015 子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』

子どもたちにこそ上質のステージを!  神奈川県民ホールが毎年行っている「オープンシアター」。“芸術に触れ、劇場に親しむ”をコンセプトに、質のよい公演を低価格で楽しめるよう工夫されたイベントである。今年は子どものためのバレエとして、東京バレエ団の『ねむれる森の美女』が上演される(オーロラ姫:三雲友里加、沖香菜子/デジレ王…

沖 香菜子(東京バレエ団 ソリスト)

 昨年ノイマイヤー版『ロミオとジュリエット』で初々しいジュリエットを演じ、鮮烈な印象を残した新鋭だ。この5月に神奈川県民ホールで行われる『ねむれる森の美女』でオーロラ姫を踊る。華奢な体型とキュートなルックスは、まさにファンタジーの主人公にふさわしい。 「私は神奈川出身なのですが、地元のこのホールで全幕を踊るのは初めてな…

森山未來、上野水香らが参加〜ダンスの祭典が8月から横浜で開催

 3年に一度のダンスの祭典「Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2015」(主催:横浜アーツフェスティバル実行委員会)が8月1日(土)〜10月4日(日)、横浜市内全域で行われる。2回目となる今回は「横浜が、踊りだす。」をキャッチフレーズにコンテンポラリー、ストリート、ソシアル、チア、日本舞踊、バレ…

東京バレエ団 創立50周年記念シリーズ10『ジゼル』

 東京バレエ団の創立50周年記念シリーズもいよいよフィナーレ。シリーズ、掉尾を飾るのはロマンティック・バレエの名作『ジゼル』全2幕。ドイツの農村を舞台に、村娘ジゼルの純愛と恋人アルブレヒトの裏切りを主題に扱ったアダン作曲のバレエで、現実的な第1幕と妖精の異国的な第2幕と2つの世界の対比が大きな見どころとなっている。演出…

マラーホフのプレスミーティング&特別講座レポート

 今シーズンより東京バレエ団のアーティスティック・アドバイザーを務めているウラジミール・マラーホフ。この1月21日に日本コロムビアよりCD『マラーホフのレッスン』シリーズの完結編となるCDをリリース、2月には『眠れる森の美女』出演も控えているマラーホフを囲んでのプレスミーティングと公開レッスンが、「チャコット・ダンスキ…

ウラジーミル・マラーホフ(東京バレエ団 アーティスティック・アドバイザー)

マラーホフの新たな旅 「東京バレエ団とのお付き合いは20年になりますが、常にすべてが完璧にオーガナイズされていました。カンパニーの中には親しい友人もできました。アーティスティック・アドバイザーとして、ダンサーたちがさらに向上し、活き活きと踊れるようにサポートするのが僕の仕事です。これから『くるみ割り人形』や『ジゼル』を…

東京バレエ団『くるみ割り人形』

オブラスツォーワとラドメーカーが客演する豪華な舞台!  8月30日に「50歳の誕生日」を迎え、NHKホールで創立50周年を3日間に渡って盛大に祝った東京バレエ団。2013年12月の『ザ・カブキ』でスタートした記念シリーズも佳境に入っている。引き続き9月に第6弾の『ドン・キホーテ』、11月に第7弾のベジャール振付『第九交…