Tag Archive for 京響

びわ湖ホール、マーラー「千人の交響曲」緊急特別公演開催について

 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールは、開館20周年記念として、この9月30日(日)に同ホール芸術監督・沼尻竜典の指揮でマーラー作曲、交響曲第8番「千人の交響曲」の公演を予定しているが、台風24号の接近に伴う影響を考慮し、前日の29日(土)に緊急特別公演として同曲を演奏することを発表した。9月30日の公演は、交通機関の影響で…

第22回 京都の秋 音楽祭

古都に国内外の名手たちが集結  一年のうちで最も輝きを増す季節を迎えた古都を、美しいハーモニーで、いっそう華やかに彩る「京都の秋音楽祭」。22回目となる今年は、9月16日から11月23日まで、京都コンサートホールを会場として開催される。国内外から選りすぐりの名手たちを迎えて、期間中に行われる公演はどれも個性的かつ魅力的…

京響スーパーコンサート ミッシャ・マイスキー × 京都市交響楽団

世界的チェリストと京響との共演が実現!  「私はドヴォルザークのチェロ協奏曲を若い頃から弾いてきました。もっとも多く演奏しているコンチェルトといっても過言ではありません。コンクールでも取り上げ、あまりにも個性の強い作品ゆえ、審査員に評価されないこともありました。でも、時が経つとまた弾いてしまう。この曲は私の一部ですから…

ロームシアター京都、2018年度自主事業ラインアップ

 2016年1月にオープンしたロームシアター京都が、3年目のシーズンを迎え、5月23日、新シーズンの自主事業がスタートした。去る、3月8日には主催事業アーティストらが登壇し、2018年度自主事業ラインアップ説明会が行われた。登壇者は以下の通り。笠井叡(舞踏家)、木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎主宰)、影山裕樹(編集者、ライター…

【読者プレゼント】BEGIN×京都市交響楽団「島人シンフォニー」DVD

 2017年10月7日、8日の2日間にわたり京都コンサートホールで行われた、人気グループBEGINと京都市交響楽団とのコンサート「島人シンフォニー」。その模様を収めたDVD「島人シンフォニー」が4月18日に発売される。発売を記念して、ぶらあぼ読者限定3名様にDVDをプレゼント。  コンサートは2部構成で、第1部では山下…

近江の春 びわ湖クラシック音楽祭2018

─沼尻竜典(びわ湖ホール芸術監督)による新生・音楽祭の聴きどころガイド─  穏やかな湖面に、美しき旋律が共鳴する――。「近江の春 びわ湖クラシック音楽祭2018」がGW期間中の5月3〜5日に開催される(3日は“プレ公演”)。開館20周年を迎えた滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールを主会場としてスタートする、新たなコンセプトに基…

オリ・ムストネン(作曲/指揮/ピアノ)

“3つの顔”を持つ異才のすべて  作曲家として、指揮者として、そしてピアニストとして。「作曲と演奏における互いの影響は、音楽人生において欠かせない」と語り、いずれにおいても、卓越した能力を発揮するフィンランドの鬼才オリ・ムストネン。2月に来日し、ソロ・リサイタルと、自作を含めた弾き振りでのオーケストラへの客演を通じ、“…

びわ湖ホールが2018年度ラインナップを発表

「千人の交響曲」からオペラ、GWの新・音楽祭まで多彩な内容  びわ湖ホールで2018年度に行う自主公演のラインナップが出揃い、指揮者でびわ湖ホール芸術監督の沼尻竜典、山中隆びわ湖ホール館長、馬淵英明びわ湖ホール事業部長が出席しての記者発表が、11月22日に同ホールで行われた。オープンから20周年の新シーズン。進行中のワ…

びわ湖リング、いよいよ《ワルキューレ》へ

─盤石の布陣による演奏、そして美しい舞台に期待─  びわ湖ホールが「プロデュースオペラ」として、来年3月にワーグナー《ワルキューレ》を上演する。“びわ湖リング“と呼ばれる4年連続のプロジェクトの2年目で、いよいよ人気作の登場である。今年の第1作《ラインの黄金》の大成功を受け、記者会見でびわ湖ホール芸術監督の沼尻竜典はそ…

第21回 京都の秋 音楽祭

名手たちの饗宴が彩る古都の秋  今年も「京都の秋 音楽祭」が京都コンサートホールを舞台に開催される。国内外で活躍する話題のアーティストたちや地元ゆかりの演奏家たちが集い、オーケストラから室内楽、ソロなど多彩な公演が並ぶ。期間は9月17日から11月26日まで。約2ヵ月にわたって開かれる全23公演から、注目の公演をいくつか…