Tag Archive for ヴァイオリンリサイタル

平日午後のアプリコ・プレミアムコンサート 大谷康子 ヴァイオリンリサイタル

名手が贈る、明るく優雅な春の午後  1725年製の銘器ストラディヴァリウス「ウィルヘルミ」で紡ぐ、円熟の音色に心を浸したい。音楽への愛情に満ちた温かなプレイで、聴き手に感動と喜びを与え続けて、今年でデビュー45周年の節目を迎えた名ヴァイオリニスト、大谷康子。気鋭のピアニスト、佐藤卓史とともに大田区民ホール・アプリコへ登…

植村理葉 ヴァイオリンリサイタル

美音で奏でるクリスタルな感触  植村理葉は、ミケランジェロ・アバド国際ヴァイオリンコンクール第1位など、国内外のコンクールに多数入賞、日本とドイツを拠点にソリストとして活躍している。ヨーロッパでオーケストラと共演した数は90回を超える。CDはドイツ・ソニーの他、カメラータ・トウキョウから2枚発売され、音楽専門誌で特選・…

シャノン・リー(ヴァイオリン)

仙台国際音楽コンクール最高位の若き才能が放つ煌めく響き  シャノン・リーは、昨年、エリーザベト王妃国際音楽コンクール第4位を経て第7回仙台国際音楽コンクール ヴァイオリン部門で最高位(第2位)を獲得。協奏曲を中心とした課題曲が設定され、コンサートマスターとしての技量も試されるという特色のあるコンクールで快挙を成し遂げた…

弓 新 ヴァイオリンリサイタル

対照性著しい選曲と知的で熱いアプローチ  ヨーロッパ各地で名教師に師事し、アルゲリッチや五嶋みどりと共演するなど、国内外での活躍が目立つヴァイオリニストの弓新が、青山音楽賞新人賞の研修成果披露演奏会に出演する。  演目はグラス「ストラング・アウト」、佐藤聰明「歪んだ時の鳥たちⅡ」に、ブロッホ第1番とブゾーニ第2番のヴァ…

チョン・キョンファ ヴァイオリンリサイタル2019

ベートーヴェンとバッハを経てブラームスのソナタ全3曲と向き合う ケヴィン・ケナーとの共演  韓国出身、現在はニューヨーク在住の「ヴァイオリン界のレジェンド」と称されるチョン・キョンファが、1990年のショパン国際ピアノ・コンクールで最高位を獲得したケヴィン・ケナーと組み、10月に来日公演を行う。当初のピアニストは韓国出…