Tag Archive for ジャン=クロード・ペヌティエ

ジャン=クロード・ペヌティエ(ピアノ)

ドビュッシーとショパンに聴く詩情溢れるピアニズム  ジャン=クロード・ペヌティエがトッパンホールで日本初の本格リサイタルを開いたのは2014年。ほんの5年前、彼が72歳を目前にしたタイミングだったのは意外に思われるかもしれない。ラ・フォル・ジュルネ音楽祭の出演が多く、日本でも着々とファンを増やしているペヌティエ。16年…

ルネ・マルタン (ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019 アーティスティック・ディレクター)

作曲家たちは旅することで多くの傑作を生んだのです  毎年5月の連休に東京国際フォーラムをメイン会場とし、大手町、丸の内や有楽町など周辺を含む複数の会場で開催されるラ・フォル・ジュルネTOKYO。2019年のテーマは「Carnets de voyage ―ボヤージュ 旅から生まれた音楽(ものがたり)」で、5月3日から5日…

ジャン=クロード・ペヌティエ(ピアノ) フォーレ 夜想曲全曲

巨匠が描く憂愁や憧憬  近年、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(LFJ)を通じて、ジャン=クロード・ペヌティエのピアノに接する機会が増えたのは実に喜ばしいことだが、それにも増して、今年のLFJが終わった後、トッパンホールでペヌティエのリサイタルが開かれることは、さらなる喜びをもたらしてくれる。なぜなら、フォーレの夜想…

ジャン=クロード・ペヌティエ(ピアノ)

前奏曲の小宇宙とソナタの深遠なる世界  すでに「巨匠」の風格を持つフランスのピアニスト、ジャン=クロード・ペヌティエ。彼の放つピアノの音色は、音楽に対する深い愛情に裏打ちされており、作品が内包する歴史と文化の香りを届けてくれる。そんな彼が今年、実に斬新なプログラムを引っさげてトッパンホールに現れる。前半の核となるのは、…