Tag Archive for シューベルトを讃えて

【SACD】シューベルトを讃えて/鈴木大介

 このシューベルトへのオマージュは、身体性を喚起するラテン系の演目とは違うギターの魅力をあぶりだす。柔らかなハーモニーに包まれた調べが、聴き手を親密な領域へと誘う。シューベルトがギター曲を書いたという証拠はないが(詳細はブックレット参照)、彼が自宅で開いていたシューベルティアーデは、まさにこういう飾り気のない雰囲気の中…

鈴木大介(ギター)

ギターで捧げるシューベルトへのオマージュ  多彩な人である。クラシック・ギタリストとして可能性のあることにはすべてチャレンジしてきた、そんなイメージのある鈴木大介。 「今年、50歳になります。だから、という訳ではなく、これまで何年も自分なりに考えてきたことがありまして、それは例えばギターの奏法の統合であったり、レパート…