2019年7月発売のおすすめチケット情報

7/1(月)発売
2019 北九州国際音楽祭

2019.10/6(日)〜11/24(日)
北九州市立響ホール、西日本工業倶楽部、アルモニーサンク 北九州ソレイユホール

出演者:
マレク・ヤノフスキ(指揮)ダン・タイ・ソン チョ・ソンジン 菊池洋子(以上ピアノ)森 麻季(ソプラノ)鈴木優人(チェンバロ&ピアノ)谷口英治(ジャズ・クラリネット)有田純弘(ギター)丹羽 肇(ベース)米元響子(ヴァイオリン)上村文乃(チェロ)中 恵菜(ヴィオラ)白井菜々子(コントラバス)LEO(箏)マイスター・アールト×ライジングスター オーケストラ ケルン放送交響楽団

オリジナル企画や海外オーケストラ、内外の著名アーティストたちが出演する賑やかな音楽祭。「エモーショナル ─東アジアへのめざめ─」というテーマのもと、ピアノのダン・タイ・ソンのリサイタルや同じくチョ・ソンジンがヤノフスキ&ケルン放送響と共演するなど、アジア勢が活躍する。日本からもヴァイオリンの篠崎史紀や鍵盤楽器の鈴木優人らが登場し名技を披露、祝祭を盛り上げる。

北九州国際音楽祭
http://www.kimfes.com/


 


 
7/1(月)発売
金川真弓 ヴァイオリン・リサイタル

2019.11/7(木)19:00 浜離宮朝日ホール

金川真弓(ヴァイオリン)
藤田真央(ピアノ)

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ 第42番 イ長調 K.526
シュニトケ:ヴァイオリン・ソナタ 第1番
武満 徹:妖精の距離
フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調

¥4,500 学¥3,000

先週まで行われていたチャイコフスキー国際コンクールのヴァイオリン部門で第4位に入賞した新星奏者の凱旋公演。しかも、ピアノが同コンクールのピアノ部門で第2位に入賞した藤田真央とくれば、期待はいやが上にも高まる。モーツァルトやシュニトケ、そしてフランクのソナタなどで、このふたりの新しい才能を目撃しよう。

パシフィック・コンサート・マネジメント
http://www.pacific-concert.co.jp/concert/view/994/

 


 
7/4(木)発売
西本智実×ソニックシティ Vol.2「カルミナ・ブラーナ」

2019.11/30(土)14:00 ソニックシティ

西本智実(演出・指揮)
イルミナートフィルハーモニーオーケストラ
安藤美姫(振付)
畠山愛理(出演・舞踊)
髙橋美咲(ソプラノ)中井亮一(テノール) 桝 貴志(バリトン)
名久井悠佳(子役)
イルミナート合唱団(合唱)
浦和児童合唱団(児童合唱)

S¥8,800 A¥6,300

指揮者の西本智実がソニックシティとタッグを組み、新しい舞台芸術の創造に挑む「西本智実×ソニックシティシリーズ」の第2弾。今回は、フィギュアスケートの安藤美姫による振付で、新体操元日本代表の畠山愛理が、西本の振る「カルミナ・ブラーナ」をバックに踊るという斬新な試み。映像の投影も交え、音楽が身体の動きと呼応する壮大なスペクタクル作品が誕生しそうだ。

ソニックシティ
https://www.sonic-city.or.jp/?p=15639


 


 
7/12(金)発売
KYOTO EXPERIMENT 2019
ウィリアム・ケントリッジ『冬の旅』

2019.10/18(金)19:00 京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

ウィリアム・ケントリッジ(演出・映像)
マティアス・ゲルネ(バリトン)
マルクス・ヒンターホイザー(ピアノ)

シューベルト:歌曲集「冬の旅」作品89

¥5,000 U25・学¥3,000 高校生以下¥1,000
ペア¥9,500円(前売のみ)

国内外から先鋭的なアーティストを迎え、毎秋、京都で開催されている「KYOTO EXPERIMENT 国際舞台芸術祭」。今年は「世界の響き〜エコロジカルな時代へ」をテーマに、10月5日から27日まで開催。世界最高峰のバリトン歌手マティアス・ゲルネの歌に、現代美術家ウィリアム・ケントリッジによるドローイング・アニメーションが加わった、シューベルトの連作歌曲集「冬の旅」(ピアノ:マルクス・ヒンターホイザー)は、今夏ザルツブルク音楽祭でも上演される注目の公演。

KYOTO EXPERIMENT
https://kyoto-ex.jp/home/news/2019/06/14/winterreise_pre-sale/


 


 
7/12(金)発売
北とぴあ国際音楽祭2019


◎エマ・カークビー ソプラノ・リサイタル
2019.11/7(木)19:00 北とぴあ さくらホール

エマ・カークビー(ソプラノ)
つのだたかし(リュート)
寺神戸 亮(ヴァイオリン)
懸田貴嗣(チェロ)
上尾直毅(チェンバロ/オルガン)ほか

¥4,000 U-25¥2,000

◎ヘンデル作曲 オペラ《リナルド》(セミ・ステージ形式)
2019.11/29(金)18:00、12/1(日)14:00 北とぴあ さくらホール

寺神戸 亮(指揮・ヴァイオリン)
レ・ボレアード(管弦楽/オリジナル楽器使用)
佐藤美晴(演出)

リナルド:クリント・ファン・デア・リンデ
アルミレーナ:フランチェスカ・ロンバルディ・マッズーリ
アルミーダ:湯川亜也子
ゴッフレード:布施奈緒子
エウスターツィオ:中嶋俊晴
アルガンテ:フルヴィオ・ベッティーニ
魔法使い:ヨナタン・ド・クースター
シレーネ1:澤江衣里
シレーネ2:望月万里亜

ヘンデル:オペラ《リナルド》(セミ・ステージ形式/1711年版・全3幕/イタリア語上演・日本語字幕付)

(11/29)SS¥8,000 S¥6,000 A¥3,000 U-25 SS¥4,000 S¥3,000 A¥1,500
(12/1)SS¥8,500 S¥6,500 A¥3,500 U-25 SS¥4,250 S¥3,250 A¥1,750
*セット割有

北区から世界に向けて発信する“古楽フェスティバル”。見ものは何と言っても古楽シーンのエキスパート寺神戸亮が指揮するバロックオペラ。今年は、名アリア〈私を泣かせてください〉で知られるヘンデルの大作《リナルド》をとりあげる。若きカウンターテナーのスター、クリント・ファン・デア・リンデの題名役に注目だ。さらに女王エマ・カークビーも来日し、リサイタルを開くのも話題。

北区文化振興財団
https://kitabunka.or.jp/event/3061/(11/7)
https://kitabunka.or.jp/event/3063/(11/29,12/1)


 


 
7/13(土)発売
エマニュエル・パユ SOLO Vol.2

2019.12/2(月)19:00 東京オペラシティ コンサートホール

エマニュエル・パユ(フルート)

テレマン:無伴奏フルートのための幻想曲第1番 イ長調
ヴァレーズ:密度21.5(1936/rev.1946)
テレマン:無伴奏フルートのための幻想曲第10番 嬰へ短調
カーター:スクリーヴォ・イン・ヴェント(1991)
テレマン:無伴奏フルートのための幻想曲第2番 イ短調
ベリオ:セクエンツァⅠ(1958)
テレマン:無伴奏フルートのための幻想曲第5番 ハ長調
オネゲル:牝山羊の踊り
テレマン:無伴奏フルートのための幻想曲第6番 ニ短調
カルク=エーレルト:ソナタ・アパッショナータ 嬰へ短調 op.140
テレマン:無伴奏フルートのための幻想曲第7番 ニ長調

¥4,000 学¥2,000

フルート界のスーパースター、パユが挑むフルート1本のみで挑む真剣勝負。2017年には満員の観客を異次元の世界へと誘った公演の第2弾。テレマンの無伴奏幻想曲に様々な現代作品をサンドイッチしていくという斬新なプログラムで、何百年という時空を自由に往来する。

東京オペラシティ文化財団
https://www.operacity.jp/concert/calendar/detail.php?id=9504

 


 
7/17(水)発売
サントリーホール 作曲家の個展Ⅱ 2019
細川俊夫×望月 京 〜サントリー芸術財団50周年記念〜


2019.11/28(木)19:00 サントリーホール

杉山洋一(指揮)
東京都交響楽団
クリスチャン・シュミット(オルガン)
イサオ・ナカムラ(打楽器)

細川俊夫:「抱擁―光と影―」オルガンとオーケストラのための(2016~17)
望月 京:「むすび」オーケストラのための(2010)
細川俊夫:オーケストラのための「渦」(2019)[サントリーホール委嘱作品・世界初演]
望月 京:「オルド・アプ・カオ」打楽器とオーケストラのための(2019)[サントリーホール委嘱作品・世界初演]

S¥4,000 A¥3,000 B¥2,000 学¥1,000

世界観の異なる二人の作曲家のコラボレーションにより生まれた作品が並置される刺激的なステージ。今回は、細川俊夫の「オーケストラのための『渦』」と望月京の「『オルド・アプ・カオ』打楽器とオーケストラのための」が一気に世界初演される。まさに現代音楽シーンの最先端を体験できるスリリングなコンサートだ。公演前のプレトークを聞いておけば、作品により踏み込めるだろう。

サントリーホール
https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20191128_M_3.html


 


 
7/19(金)発売
第14回 仙台クラシックフェスティバル 2019

2019.10/4(金)〜10/6(日)
日立システムズホール仙台、太白区文化センター、エル・パーク仙台、仙台銀行ホール イズミティ21 ほか

主な出演者:
高関 健(指揮)山下洋輔 菊池洋子 イリーナ・メジューエワ 津田裕也 加羽沢美濃 三舩優子 藤田真央 髙木竜馬 舘野 泉 小井土文哉 青柳 晋 ジュゼッペ・アンダローロ 及川浩治 横山幸雄(以上ピアノ) 川久保賜紀 大谷康子 ヤンネ舘野 竹澤恭子 大江 馨 渡辺玲子 米元響子 西江辰郎 リチャード・リン(以上ヴァイオリン) 原田哲男 長谷川陽子 新倉 瞳(以上チェロ) 福田進一 村治奏一(以上ギター) 上野星矢(フルート) 平野公崇(サクソフォン) 安井陽子(ソプラノ)中島郁子(メゾソプラノ)西村 悟(テノール)加耒 徹(バリトン)鈴木優人(チェンバロ)三浦一馬(バンドネオン)藤原道山(尺八) せんくら合唱団 仙台フィルハーモニー管弦楽団

1公演45分〜60分で、千円で聴けるコンサートもたくさん。気軽にクラシック音楽に親しめる音楽祭としてすっかり定着した「仙台クラシックフェスティバル(通称:せんくら)」。今年のテーマは「あった♪わたしのブラボー!」。10月最初の週末の3日間にわたり、朝から晩まで音楽に浸れる。今年も客席からは数えきれないほどの「ブラボー」が飛ぶに違いない。

仙台クラシックフェスティバル
https://sencla.com/