伶楽舎第十四回雅楽演奏会「伶倫楽遊」

平安期古譜の復曲や舞楽から一柳慧への委嘱新作まで  古典作品はもちろん現代作曲家への数々の委嘱新作の初演で、雅楽界に新風を吹き込んできた伶楽舎。近年では、武満徹「秋庭歌一具」の演奏が高い評価を得て、佐治敬三賞を受賞したのも記憶に新しい。12月16日開催の第14回演奏会のテーマは「伶倫楽遊」。前半は平安初期に書かれ、大戸 … 続きを読む 伶楽舎第十四回雅楽演奏会「伶倫楽遊」