第三夜 日韓国交正常化50周年記念ガラコンサート『海を越えて』

日韓国交正常化50周年を記念し、両国の人々に愛された特別な「歌」たちが、
国際舞台で活躍する二期会のメンバーによって、美しく鮮やかによみがえります。
海を越えて響き渡る友情の歌声と感動の舞台を、どうぞご期待下さい。














今回のガラコンサートでは日韓の代表的な歌曲と世界の名曲が披露されるだけでなく
国際色豊かな出演者達による夢のコラボレーションが実現します。
「海峡を越えた歌姫」として日韓両国に感動を呼んだチョン・ウォルソン。
魅惑のメゾソプラノ森永朝子。イタリアの太陽を思わせるプリモウォーモ樋口達哉。
新進気鋭の李宗潤。期待のピアニスト富永峻。案内役に俳優の鳴海剛。
素晴らしい音楽と文化を通して、愛と平和と感動を共有出来ると信じています。
特別な一夜を皆様と共にお祝いしましょう!

◆公演情報◆
6月24日(水)19:00
第三夜  日韓国交正常化50周年記念ガラコンサート『海を越えて』

◆プログラム◆
平城山(平井康三郎)
『抒情歌』より「藤の花」(團伊玖磨)
高麗山河わが愛(ノ・グァンウク)
懐かしい金剛山(チェ・ヨンソプ)
オペラ『蝶々夫人』より 愛の二重唱、“ある晴れた日に”(プッチーニ)
オペラ『トゥーランドット』より “誰も寝てはならぬ”(プッチーニ)
オペラ『カルメン』より ハバネラ(ビゼー)
楽劇『タンホイザー』より 夕星の歌(ワーグナー) 
ほか