eぶらあぼ 2013.11月号 110/209

eぶらあぼ 2013.11月号
110/209

105読売日本交響楽団常任指揮者 シルヴァン・カンブルランお申込み・お問合せ 読響チケットセンター(10時~18時・年中無休)0570‒00‒4390 http://yomikyo.or.jp/≪11月~12月の聴きどころ≫ 11月15日は、20時開演で約1時間の演奏会として好評の新スタイルのシリーズ《読響カレッジ》の第6回。19時30分から奥田佳道氏(音楽評論家)の解説付きなので、予習なしで気軽にお楽しみいただける。今回は、ブザンソン国際コンクールに優勝して世界の注目を集めている垣内悠希が初登場し、チャイコフスキーの魅力に迫る。垣内は、今年6月にはサンクトペテルブルク響にデビューして成功を収めており、本場のお墨付きのロシア音楽が聴けそうだ。チャイコフスキーの交響曲第5番では、垣内のエネルギーに満ちた音楽づくりに注目を。 22日と24日は、ドイツを拠点に活躍し、ザールラント州立歌劇場の音楽総監督を務める上岡敏之が、ブラームスの2曲を指揮する。今やカリスマ的な人気を誇る上岡にとって、読響との演奏は特別なもの。1998年、当時ドイツの歌劇場を中心に活躍していたが日本では無名だった上岡が、読響の舞台で日本デビューを果たした。以後、共演を繰り返し、数々の名演を築いている。常に独自の視点でスコアを読み込み、毎回驚きの演奏を聴かせてきた上岡が、今回どんなブラームスを披露するのか、興味は尽きない。また、協奏曲のソリストには、上岡が「素晴らしい音楽性を持つピアニスト」と絶賛するデジュ・ラーンキが登場する。 27日は、“炎の指揮者”小林研一郎がブラームス2曲を披露する。協奏曲では、ドイツ音楽の王道を行くゲルハルト・オピッツが登場する。2人の熟練の巨匠による極上のブラームスをご堪能いただきたい。 12月10日は、常任指揮者シルヴァン・カンブルランがリゲティとバルトークによる《ハンガリー・プログラム》を披露する。特に現代曲において毎回繊細な響きで聴衆を魅了するカンブルランが、今回はリゲティの「ロンターノ」で静かな響きを披露し、演奏会を開始する。一転、バルトークでは、エネルギーに満ちた音楽が展開されるだろう。特に「中国の不思議な役人」では、オペラを得意とするカンブルランが、熱くドラマティックな物語を管弦楽で表現してくれそうだ。カンブルランの研ぎ澄まされたリズムによる、スリリングな演奏にご期待いただきたい。また、ピアノ協奏曲では、バルトーク国際コンクール優勝の金子三勇士が登場する。 19日から25日までは、毎年恒例のベートーヴェン「第九」交響曲。毎年、様々な指揮者が独自のスタイルで想いの詰まった演奏を重ねている。今回の指揮者はデニス・ラッセル・デイヴィス。彼はシュトゥットガルト歌劇場音楽監督やウィーン放送交響楽団首席指揮者などを歴任し、現在は名門リンツ・ブルックナー管弦楽団音楽監督を務めている名匠。古典から現代まで幅広いレパートリーを持ち、オペラも得意としているので、「第九」でその真価が発揮されそうだ。実力派4人のソリストと日本を代表するプロ合唱団の新国立劇場合唱団による、精度の高く一体感ある歌唱が会場を温かく包み込むことだろう。2013年度1回券(2014年3月まで) 絶賛発売中指揮=垣内悠希◆《チャイコフスキーの運命》11/15(金)20:00 文京シビックホール※19:30~解説付きS¥4,000 A¥3,000チャイコフスキー/交響曲第5番 他垣内悠希©Jean Philippe Raibaud◆上岡敏之が振る極上のブラームス11/22(金)19:00 サントリーホールS¥7,000 A¥6,000 B¥5,000 C完売11/24(日)14:00 東京芸術劇場S完売 A¥5,000 B¥4,000 C完売指揮=上岡敏之 ピアノ=デジュ・ラーンキブラームス/ピアノ協奏曲第2番      交響曲第3番上岡敏之Ⓒ読響◆小林研一郎×オピッツのブラームス11/27(水)19:00 サントリーホール指揮=小林研一郎ピアノ=ゲルハルト・オピッツブラームス/ピアノ協奏曲第1番      交響曲第4番S¥7,000 A¥6,000 B¥5,000 C完売小林研一郎Ⓒ読響◆年末恒例!ベートーヴェン《第九》演奏会指揮=デニス・ラッセル・デイヴィスソプラノ=木下美穂子 メゾ・ソプラノ=林 美智子テノール=高橋 淳 バリトン=与那城 敬合唱=新国立劇場合唱団ベートーヴェン/交響曲 第9番「合唱付き」※12/25のみ[読響メンバーによる室内楽]を18:30から開催12/19(木)19:00 サントリーホールS¥9,000 A¥7,000 B¥5,000 C¥4,00012/20(金)19:00 東京芸術劇場S¥9,000 A¥7,000 B¥5,000 C完売12/23(月・祝)14:00 横浜みなとみらいホールS¥9,000 A¥7,000 B¥5,000 C完売12/25(水)18:30 東京オペラシティS¥9,000 A¥7,000 B¥5,000 C完売デニス・ラッセル・デイヴィス©R.Winkler◆カンブルランの《中国の不思議な役人》12/10(火)19:00 サントリーホール指揮=シルヴァン・カンブルランピアノ=金子三勇士リゲティ/ロンターノバルトーク/ピアノ協奏曲第3番      6つのルーマニア民族舞曲      組曲「中国の不思議な役人」S¥7,000 A¥6,000 B¥5,000 C¥3,500シルヴァン・カンブルランⒸ読響

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です