Tag Archive for 黒田育世

ロームシアター京都、2018年度自主事業ラインアップ

 2016年1月にオープンしたロームシアター京都が、3年目のシーズンを迎え、5月23日、新シーズンの自主事業がスタートした。去る、3月8日には主催事業アーティストらが登壇し、2018年度自主事業ラインアップ説明会が行われた。登壇者は以下の通り。笠井叡(舞踏家)、木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎主宰)、影山裕樹(編集者、ライター…

黒田育世新作公演『きちんと立ってまっすぐ歩きたいと思っている』

身体とピアノ演奏が絶妙に絡みあう空間  2000年代初めに舞踊家・振付家として頭角を現した黒田育世は、激しくも純粋な、祈りにも似た鮮烈な踊りによって一世を風靡しダンスシーンを牽引してきた。近年は主宰するカンパニー「BATIK」だけでなく演劇やミュージカルの振付など個人での活動も広がり活躍を続ける。  今夏発表する新作は…

NODA・MAP『エッグ』

伝説の舞台をオリジナルキャストで再演  2012年に初演し、大好評を博したNODA・MAP『エッグ』の待望の再演が決定した。主宰の野田秀樹を筆頭に初演時のメインキャスト8名が再集結し、早春の始まりを飾る。  架空のスポーツ“エッグ”にかけるふたりの男と、両者の狭間で揺れ動くひとりの歌姫。彼らを見守る大衆の期待と、そこに…

テトラヘドロン 第2回 アート×アート×アート〈音楽 × ダンス × 写真〉

4人のアーティストによるライヒ&ペルトの世界  音響の良さと共に優れた企画で知られるHakuju Hall。2013年には、知的好奇心を刺激するシリーズ『アート×アート×アート』第1弾として作曲家の藤倉大をフィーチャーした。その第2弾が、音楽=加藤訓子、ダンス=黒田育世/中村恩恵、写真=高木由利子という顔ぶれで行われる…

BATIK『落ち合っている』

デュエットで描く黒田育世の新たな世界  黒田育世率いるダンスカンパニー・BATIKが、この秋東京芸術劇場を舞台に最新作『落ち合っている』を発表する。BATIKとしては2012年に上演し好評を博した『おたる鳥をよぶ準備』以来約2年ぶりの新作であり、ファン待望のステージとなりそうだ。  構成・演出・振付は黒田育世。BATI…